三日間に渡る走馬燈

「余命三日です」   その瞬間まで同級生だった死神は俺にそう告げた。

3,524 34

恋愛 完結
46分 (27,108文字)

あらすじ

黒装束に身を纏い 身の丈程ある大きな鎌を持ち 死を司る骸 死神 高校二年生。まだ縁のない話だと笑う俺の前に現れた死神は、よく知った顔と格好で俺に教えてくれた。 「貴方の余命は後三日

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品