最終章…

12/15
8265人が本棚に入れています
本棚に追加
/340ページ
タツヤがいる集中治療室… ドクター 「よし! これでOK!」 タツヤの治療が終わった… タツヤ 「す…すまない …ありがとう」 タツヤは、もう何の抵抗なく、人に対し、お礼を言えるようになっていた… ショウタは、すでに、そこに着いていた… バレないように、遠くからタツヤを見守っている… ショウタ 『タツヤさん… よかった… 本当に… 本当に、よかった… …ウッ…ウッ… あなたに何かあったら… 私は 天国に居る、あなたのご両親に なんてお詫びをしたらいいか… ……… 本当によかった…』 ショウタは、タツヤの過去を、どこまで知っているのか…
/340ページ

最初のコメントを投稿しよう!