☆アイツがいいヤツになる!?☆

15/15
13404人が本棚に入れています
本棚に追加
/409ページ
  男同士とゆうことを嫌悪しない素晴らしいお方なんだけど、長谷川君はよく意味深な表情をする人だな 気になるっちゅーねん   叶「…長谷川君?」 兎「…お…あっ、霧代癒多ってゆーのか!!なんかカッコイイ名前だなっ」 そして話をそらすことが下手くそとみた まわりのみんなも苦笑い 弘「ま…まぁ、どうせ昼になったら見れると思うぜ」 太「そ…そーだな!!天宮、今日も先輩くるんだろ?」 叶「えっ……た、たぶん来ると思うよ」 弘也、太神君、君たちって友達がいがあるな 長谷川君のビミョーな話題そらしにちゃんと乗るんだから 弘「だとさ。よかったな、兎季。霧代癒多のこと見れるぞ」 兎「おぅ、興味あるぜ霧代癒多!!!!」 肩を叩いて言う弘也に長谷川君はワクワクした瞳で、何故かガッツポーズをした いや長谷川君、そんなワクワクしなくても(汗) 癒多は別にツチノコみたいな幻の生物じゃないんですけど… 長谷川君てイイヤツだけど、イマイチよくわからない子だ  
/409ページ

最初のコメントを投稿しよう!