また、日常へ…

9/75
46309人が本棚に入れています
本棚に追加
/620ページ
「……てめぇ…誰だ。何でお前が美玲の携帯を…」 『おーおー。怖いねぇ…そんなにキレなくてもいいじゃねーか』 威嚇がてら、重く、ドスの掛かった声で尋ねてみたのだが、男はまったく動じない様子で返答してくる。 コイツがどこの誰だか知りはしない。 そんな事はどうでもいいんだ。 ただ 1つだけ言えるのは 美玲は無事じゃない。 ってことだけ。 『じゃ。用件だけ言うので、耳の穴かっぽじってよーく聞きやがれ。 お前の女は預かった。今すぐに○○第3倉庫に1人でこい。分かったな?1人でだ。 あ、この事は誰にも言うんじゃねーぜ?警察はもちろん、てめぇのツレにもだ。 もし誰かに知られるような事があれば、女がどうなっても知らないぜ? じゃーな』 「てめっ…!」 そこで通話は切れてしまった。 どうやら、想像以上にヤバイ状況に美玲はいるらしい… アイツはどうやって美玲を拉致したのか… その辺のチンピラ如きじゃ、美玲には指1本触れられはしないハズだが… …だが、今はどうだっていい。そんな事… 助けにいかねーと。
/620ページ

最初のコメントを投稿しよう!