ロンリーロリポップと共に

彼女は飴を舐めながら、世界をナメてるのだと思う。

赤潮

SF 休載中
2時間6分 (75,113文字)

3,031 230

あらすじ

俺は未確認飛行物体だとか、ネッシーだとか、ましてやスプーン曲げなんて非科学的な物を信じなかった。   それは高校二年生になって後輩が出来ようとも変わることの無い信念のはずだった。   もちろん、大好物

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品