ロリポップと共に

13/47
3031人が本棚に入れています
本棚に追加
/220ページ
次のプログラムは……入学生代表の挨拶か。 確かこれって入学試験で一番成績が良かった生徒がやるんだったかな。   「新入生代表、椎葉七瀬さん」   教頭からそう言われて、返事もなくスッと立ち上がる少女のどこかで見たような黒髪、 童顔。 あの少女はまさしく、さっき目が合った少女じゃないか。 探す手間が省けた、と言いたい所なのだがまさか学年一位の少女だったとは…… こんな学年学力順位が中の中の平凡野郎なんかが目を合わせて申し訳ない気持ちでいっぱいですよ。   そんな少しばかり自虐的になっている俺はさておいて、ステージ上に上がった彼女はというと体育館全体を見渡し一礼をする。   そして一礼する彼女の頭は見事に、狙いすましたかのようにマイクに当たる。 体育館全体にスピーカーから痛々しい、鈍器で殴られたような重い音が響き渡ったのは言うまでも無い事だろうか。
/220ページ

最初のコメントを投稿しよう!