三泊四日の温泉旅行

3/20
1338人が本棚に入れています
本棚に追加
/115ページ
フェシタ「だからって、私を選ぶ!?私以外にも・・・可愛い子がいるじゃない。」 そう言ったフェシタは少し暗くなった。 それと同時にノアはあることに気付いた。 レン「いや、可愛い子はいても仲がいい奴、いないから!!」 そう言ったレンは苦笑いしていた。 フェシタ「なら、他に仲良い人を作りなさい!!」 そう言ったフェシタはレンを殴る。 ノア「・・・ねぇ、アル先生・・・」 アル「聞くな・・・知っている。」 アルはノアが聞こうとしている内容を察知し、言った。 ノア「・・・仕掛けませんか?」 アル「いいな・・・どうする?」 ノアとアルは二人だけの世界に入り、色々と企んでいた。
/115ページ

最初のコメントを投稿しよう!