An Accident...

17/24
8616人が本棚に入れています
本棚に追加
/282ページ
放課後、いつのまにか隣に座っていた永井渚はもういなくて・・ なんとか断ろうとしていたことをあきらめて、あたしも桜胡に向かう。 15分ほど校舎を見渡しながら歩くと、桜胡の入り口が見えてきた。 あたしたちの学校は内装が綺麗に施してあって、 結構なの知れ渡っている学校ということもあり、設計がモダンで綺麗。 そういえば・・ 桜胡で待ち合わせなんて行ってたけど、一応湖だし結構広いんですけど・・。 どこで待ったらいいのよ・・ あたり見渡してもいないわ、 探してみてもいないわ、 誰一人の声すら聞こえない。 「もうっ!人の事呼びつけておいて・・どこなのよ!」 最悪すぎるシチュエーションにいる今、あたしは最高にイライラしていた。 足下に転がっていた石を蹴りとばすけど、1mほどしか飛ばなかったこの子。 おまけに思いっきり足先を地面にぶつけてしまったあたし。 「本当今日ついてない・・もーー最悪っ!」 「一人でなにやってんだよ。」 後ろから聞こえた低い声。 振り返るとそこには永井渚が立っていた。
/282ページ

最初のコメントを投稿しよう!