入学式

2/8
3013人が本棚に入れています
本棚に追加
/191ページ
「うぅ…俺のホットケーキ……。」 「まだ言ってるの?しつこい男の子は嫌われちゃうよ。」   さっきの事をまだ引きずっている春斗に恭は呆れていた。   「うるせーよ!!!」 「おっはよーさん☆ 春斗に恭♪」   2人にそう声をかけてきたのは、親友の"伊藤 大輝"髪の毛がヒヨコみたいに金髪なのであだ名は"ピヨ"   「おはよう、ピヨ♪」 「はよ。……はぁ……。」 「えっ?なんで溜め息?さては俺がかっこ良すぎるから羨ましいんだな☆」 「………ピヨ…。」 「ん?何、何?」 「……うざい。」 「はぁ?えっ?何よ、ピヨちゃん泣いちゃうよ!?」 「……。」 「ちょっ、春斗君!!?」 「あーピヨ、今ね朝ご飯のホットケーキが勝手にどこか行ったーってショック受けてるだけだから、ほっといてあげて。」 「あっそうなんだ☆俺が嫌われたわけじゃないのね♪」   そうかそうかと笑いながら春斗の肩を叩く。
/191ページ

最初のコメントを投稿しよう!