久遠の月 上巻

――私は、月に手を伸ばす。 恋い焦がれる月は、今も遠くに存在する。

優凪

4時間53分 (175,651文字)

1,988 92

あらすじ

 時は幕末――  ある雪の降る夜、二人の男女が出会い白刃を交えた時、物語は幕を開けた。 「……俺と来い」  ぶっきらぼうで真剣な男の声に、触れたら崩れてしまいそうな雰囲気に、女は導かれ……惹か

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品