小説 2020/11/11 発売

「第2回ピュアラブ小説大賞」大賞受賞作! 恋の力が、自分を変える勇気を与えてくれる。ビタミン系ラブストーリー★
君の声は魔法のように

君の声は魔法のように

原作を読む
桜井響、高校1年生。毎日の楽しみは、放送部が担当する お昼の放送をきくこと。 放送部部長の卯木睦先輩の声の力に“ひとみみぼれ”して以降、顔も知らない先輩にあこがれている。 そんな先輩にある日、声をほめられた響は放送部に勧誘されるも断ってしまった。 なぜなら、響は幼いころから吃音を抱えており、人前で話すことに大きなコンプレックスをもっていたからだった。 だが、「自分を否定しないで」という先輩の言葉がいつまでも響の中に波紋を残し……?
発行:ポプラ社
定価:792円
Amazonで購入する