[% service_name() %]
愛してうさぎ
福岡を舞台に、一人の女性が幸せを掴むまでの軌跡を描いたankoさん(福岡在住)の大人気恋愛作『愛してうさぎ』の発売を記念し、福岡のご当地アイドルユニット「QunQun(キュンキュン)」が公式応援隊に就任。
メンバーの井上りなさんが本作のイメージキャラクターを務め、彼女たちが歌う「きゅん、時々せつなくて、後・・・すき」がオフィシャルソングになりました。
  • 書籍情報
  • 愛してうさぎ
    愛してうさぎ
    著者:anko
    定価:1050円(税込)
    発売日:2013年02月23日
    出版社:三交社
  • 著者・ankoさんからのメッセージ
  • 生きていると、辛い現実に涙することもあるでしょう。
    だけど、皆、乗り越える力を秘めているのです。
    心に傷を抱えながらも健気に頑張る文香の姿が、アナタの明日へのエールとなれば……、そんな想いを込めた作品です。
    今、何かに悩んでいるアナタに読んでほしい。そして笑顔のきっかけになれば嬉しいです。
  • 原作『愛してうさぎ』を読む
  • QunQun(キュンキュン)
  • 2011年に福岡で結成。九州を盛り上げる天使たち「九州キューピッツ」の略で、地元・福岡を拠点に国内・海外で多数のイベントに出演している。
    ウレぴあ総研の主催する「2012年、注目のご当地アイドルは?」という調査で全国第1位を達成した大注目のアイドルユニットです。 QunQunが歌うオフィシャルソング
    「きゅん、時々せつなくて、後・・・すき」の
    視聴はこちら
    (※外部サイト)
  • QunQunのメンバーがたくさんの感想を寄せてくれました!
  • 愛してうさぎ
    キャプテン 井上りなちゃん
    この「愛してうさぎ」読んで、女の子なら誰もが憧れるような恋愛ストーリーに、きゅんきゅんが止まりませんでした。
    最初は将さんの彼女になれるなら妬まれてもいいな・・・なんて思いながら読んでいたら、いつの間にか本当に将さんの彼女、文香になった気分になって彼の言葉ひとつひとつに心打たれて読み終わるまでにどれだけ涙したことか。
    将さんと文香がお互いを想い合う気持ちには感動という言葉では表現できないくらい大きな何かが私の心を覆い尽くしました。
    そして文香のように純粋で優しい強さを持った女性になりたいという憧れと同時に、もし自分が将来、母親になる時がきたら子供をたくさんの愛情で包んであげたい。笑顔の絶えない幸せいっぱいの家庭を築きたいと強く感じました。
    まだまだ子供な私ですが、人として女として今まで考えた事もなかったことを考えるきっかけになったこの「愛してうさぎ」に出会えたことに感謝しています。
    この物語は私にとってかけがえのないものになりました。
    これから先、色々なことがあると思うけど、そんな時はこの「愛してうさぎ」を思い出して頑張っていこうと思います。
    今までよりもっと家族や友達を大切にして、一日一日を精一杯生きて一歩でも文香に近づけるように。
  • 大野香澄ちゃん
  • 江嶋綾恵梨ちゃん
  • 吉田真野ちゃん
  • 井手口真子ちゃん
  • 若葉みみちゃん
  • 未来ももちゃん
  • 中原莉奈ちゃん
  • 西澤亜希ちゃん
  • 田村ゆいちゃん
  • 大野香澄ちゃん
    ドSな将さんがふーちゃんにかなり甘々な場面がとても大好きです。
    ふーちゃんの天然で鈍感で素直なところもまた可愛くて、女子の私が憧れてしまいました♪
    2人が幸せそうにじゃれてるのを読みながら想像するのが、個人的に楽しかったです♪
    ハラハラする場面もあったけど、その壁を二人三脚で乗り越えていくところに感動したのと同時に、愛の深さを感じて憧れのような感情が溢れたのが自分の中で印象的でした。
    『愛してうさぎ』を読んで、生きる勇気、活力をもらいました!
    いつまでも2人が幸せでありますように、、。
    そう、心から願える、心が温かくなる作品でした。
  • 江嶋綾恵梨ちゃん
    とってもかっこよくてストレートに気持ちを伝えてくれる将さんの言葉一つ一つにきゅんきゅんしちゃいました
    文香の心の強さも尊敬できるし、なんといっても天然さが可愛い
    もし自分が文香だったら毎日ときめいてばかりで、口がぽかーんとなってしまいそう♪笑
    途中の予想もしない展開に少し胸が痛くなるようなシーンもありましたが、家族の絆だったり大切な人を一途に愛する気持ちだったり、読み始めると内容が気になりすぎて止まらなかったです。
    自分も愛してうさぎのストーリーの中に参加していると思って読むと、世界観がまた少し変わって面白いですよ。
  • 吉田真野ちゃん
    私はこの物語を読んで、恋愛よりもむしろ家族のあり方と人間関係について考えさせられました。
    そして家族関係に問題を抱えながらもひたむきに生きてきた文香に感動しました。
    文中の「自己犠牲の正当化は間違ってる」という言葉にハッとさせられたけど、「周りのために自分さえ我慢すれば」という文香の考え方に、私は共感できます。
    だって相手の幸せのためなら自己犠牲を厭わない、自分の幸せは相手の幸せを願うことだって、中々言えるものではないから。
    いつか私もそう思える人と出会って、思い切り愛して、そして子供と同じ目線で接することができる母親になりたいです。
    「愛してうさぎ」を通じて相手を思いやることの大切さを再認識できました。
  • 井手口真子ちゃん
    1度読んだらめっちゃハマって寝る時間を削ってずっと読んでしまいました♪
    この世界に将くんみたいな男の子いたら、もう一目惚れです
    正直、ふーちゃんになりたいって思いました///
    あんなに性格が可愛くて素直な子になれるように私も頑張ります!
    読んでいて、心があったかくなったし読んでる私が照れてました////
    携帯恋愛小説が大スキな私が自信をもってオススメします♪♪♪
  • 若葉みみちゃん
    読んでて、凄くドキドキしました!!
    ヒロインは可愛いし、彼氏さんは、とてもカッコ良かったです!
    思わず恋愛したくなっちゃいましたー*\(^o^)/*
  • 未来ももちゃん
    携帯小説好きで、今までもいろいろな小説を読みましたが、「愛してうさぎ」は今まで読んできた携帯小説と一味も二味も違いました!
    きゅんっの中に、あぁ~!!も~~う!というような言葉で表せれない歯がゆいシーンもあり、読んでいて止まらなくなっちゃって、徹夜してまで読み進めちゃいました!笑
    ankoさん、最高のストーリー…☆そしてトキメキをありがとうございました!
  • 中原莉奈ちゃん
    読んでて心がきゅんきゅんする作品でした。
    恋の行方がどのようになっていくか続きが気になって凄いドキドキ、切ない気持ちになったり、恋愛だけじゃなくて親子の絆に感動できるところもあって。
    色々なことを感じることが出来る作品だと思いました。
  • 西澤亜希ちゃん
    それぞれが、それぞれの運命に翻弄されながら、一つを答えに向かって行く様子は感極まる部分がたくさんありました。
    悩みや苦しみなく生きている人はいないと思います。
    自分にとって本当の幸せとは何なのか改めて考えさせられる物語でした。
  • 田村ゆいちゃん
    人との絆・感動…この小説を読んで多くのことを学びました。
    今の自分の現状と重ね合わせて涙がとまりませんでした。
    すごく感動して、頑張ろうってパワーをもらえたので1人でも多くの人に見てほしい。
    きっと私と同じようにパワーをもらえると思います。