僕、Doll
初対面だけど、僕は知っている。 彼が僕にどんな風に触れて、どんな風に愛を囁くのか。 そして────どんな風に、僕を抱くのか。 僕は知っているけれど、僕が知っていることを、彼は知らない。