琴線
様々な作家様の作品を通して、土佐屋が感じた想いを徒然なるままに書いてみました。