港町‐「Ⅰ」
港町
2,108PV229コメ

0/1000 文字

書き込み 229件

229・ エル
>>228 ・𝐋𝐀𝐂𝐊-𝐅𝐎𝐗★ さん
ところで、こうした屋台はしばしばギルドに賃料を払って開かれている。

(しかしよくも食べることで……)
そのためなのか、太客に関しては同業者間で情報交換がされることもあるようだ。
>>227 ・エル さん
ブライト「ども」(そう言って値段の分お金を出し、すぐさまそこから立ち去る)
227・ エル
>>226 ・𝐋𝐀𝐂𝐊-𝐅𝐎𝐗★ さん
(多いな……)
爆買いを訝しみつつも、きっちり値段を提示する。
>>225 ・エル さん
ブライト(えーっと...これとこれだな)棒アメを3種類取り出し、それを6個ずつ手に取る
225・ エル
>>224 ・𝐋𝐀𝐂𝐊-𝐅𝐎𝐗★ さん
当のアメは露店で売っているようだ。

「いらっしゃいませー」
遠目に見ても、売り子の溌剌とした声が響く。
ブライト(さーて、さっさとアメ買って帰ろっと...)
223・ エル
>>222 ・赤木 誠 さん
リズ「そうだね」
必要な荷物をあらかた持ち、足早にギルドへ向かう。
1件
222・ 赤木 誠
>>221 ・エル さん
ミア:遅刻は禁物だし、少し早いけど向かおうか

襟を整えながらリズに言う。
1件
221・ エル
>>220 ・赤木 誠 さん
リズ「そう思う」
歯を磨き、髪を整え、いざ背伸び。

リズ「場所は……ギルドの別館?」
1件
220・ 赤木 誠
>>219 ・エル さん
ミア:まあ、そもそも詳しい仕事内容だって、分からないし、ひとまず他の人達に右へ倣えだね

気合を入れるように息を吸い込む。
219・ エル
>>218 ・赤木 誠 さん
リズ「わからないよ?まともに戦えないようじゃ務まらない、って。まあそこらへんの小魚を狩る程度だろうけど」
そうこうしているうちに一旦自室へ帰り着く。
1件
218・ 赤木 誠
>>217 ・エル さん
ミアがまさかと軽く笑う。

ミア:さすがに新人に対して、そこまでは無いんじゃないかな
217・ エル
>>216 ・赤木 誠 さん
リズ「……実戦だったりして」
養成所という趣旨から考えてみる。
1件
216・ 赤木 誠
>>215 ・エル さん
ミア:そういえば…訓練ってここの世界ではどんな事するんだろう…

最高でも教場位のレベルだと良いんだけどなと苦笑いしながら足を前に出す
1件
215・ エル
>>214 ・赤木 誠 さん
リズ「……うん。来た、って感じは、するかも」
1件
214・ 赤木 誠
>>213 ・エル さん
ミア:そうだね。そうとなれば、そろそろ支度しないと
213・ エル
>>212 ・赤木 誠 さん
リズ「これから……かな」
恐らくは支度して、それより訓練に入るのだろう。戸惑ってばかりではいられないと、気持ちを改めて整えようとしていた。
1件
212・ 赤木 誠
>>211 ・エル さん
取り残され、口を開く。

ミア:案外ホワイトな職場…かも?
211・ エル
>>210 ・赤木 誠 さん
教官「よろしい」
平静を取り戻したふたりに軽くうなずき、再び一同を向く。

教官「改めて紹介しよう。このふたりは正式に着任するより前に、現行犯を取り押さえた。見どころがある!彼女たちに続くように!」
「サー!」
教官「よし!今日も一日ご安全にっ!!」
教官の号令で、集まっていた者たちは皆散った。
1件
210・ 赤木 誠
>>209 ・エル さん
同じく「お世話になります」と頭を下げる。
209・ エル
>>208 ・赤木 誠 さん
リズ「ぁ……はい、よろしく、お願いします」
耳打ちされて思わず息を吐いたのが幸いしたか、整然と受け答えができるくらいには落ち着きを取り戻した。

教官「こちらこそ。みっちり叩き込んでやるからな。頑張れよ」
リズ「……頑張ります」
1件
208・ 赤木 誠
>>207 ・エル さん
「リラックスリラックス」とリズに耳打つ。
1件
207・ エル
>>206 ・赤木 誠 さん
教官「そういうわけだ。元気出せ」
リズ「あっ……はい」
教官が正面から肩を軽く叩く。
ただ、リズはむしろ、びくっと身体を震わせ、きょとんとしている。
1件
206・ 赤木 誠
>>205 ・エル さん
ああと、ゆっくり首を振る。

ミア:ああ、その件はこちらリズのお手柄です

そう言いながらリズを手で示す
1件
205・ エル
>>204 ・赤木 誠 さん
教官「いや、活きのいいのが入ってきたと思ったものでな。何も臆することはあるまい」
前日の「お手柄」に触れて説明する。
1件
204・ 赤木 誠
>>203 ・エル さん
ミア:あの、私達に何か?

要件が分からず、首を傾ける。
203・ エル
>>202 ・赤木 誠 さん
リズもおずおずと敬礼する。

教官「どうした!元気がないぞ!」
リズ「は、はい!?」
リズは特に説明もない展開に戸惑っているのだが、教官はそれを「暗い」と見たのだろうか。
1件
202・ 赤木 誠
>>201 ・エル さん
ミア:よろしくお願いします

戸惑いながらも敬礼を返す。
1件
201・ エル
>>200 ・赤木 誠 さん
ふたりが前に出ると、教官はまた声を張り上げる。

教官「新人だ!よろしく!!」
しかして、向けられたのは荒事ではなく、一様な敬礼だった。
1件
200・ 赤木 誠
>>199 ・エル さん
眉をひそめ、リズの後に続き前へ出る。

/8ページ

229件