自己紹介

まだまだ未熟ながら、恋愛小説を軸に綴らせて頂いております。 読んで下さった方のお心の中に留まる作品を目指し、皆様のお手隙の、時間と時間の繋ぎ目に私の小説がお役に立てればと思っています。 【魔法のi