自己紹介

現代をベースに、現代に似たここではないどこか、現実を斜めに切って覗きに見るような切り口の作風で、ファンタジーを描きます。 一文物語作家として、2013年6月から毎日5年半、一文だけで完結する一文物語