いみず

じんわり

心温まる素敵なお話ありがとうございます。 子ども達の無邪気さと思いやりの深さが、大人の存在を推進剤として強調されて胸に浸みました。
1件2件
いみず

おもろい

おもしろい。元気そうで良かったけど大丈夫なのかな。 宣子さんも、義母のめんどくささを察してこまめに確認するようにしたんでしょうね。できる人だ。 お疲れさまです。
1件1件
いみず

読了しました

亀のあゆみでやっと読了しました。 いやー、読んでるだけで恥ずかしくなってモジモジしちゃいますね、これ。 自分もこんなに恋愛に積極的だったらまた違う人生があったのかなとか想像したり。 環さんらしい甘酸っ
1件1件
いみず

おもしろい。

おもしろかったー。 ころころ転がされるというか勝手に転がってる男の滑稽さがうまく引き立っていますね。女がどこまで策略家なのか天然なのか分からないところも、読者の関心を引き込むうまい構成だと思います。
ネタバレあり
1件1件
いみず

ついに読了しました!

いやー、30万字ですか。お疲れさまでした。 毎日連載なんて、ただただ尊敬します。しかも話の筋も問題なく繋がっている。 昼ドラになってから読者が増えたというの、笑っちゃいますが納得です。確かに泰生の頼
1件2件
いみず

……

熟年○○ってやつですか。 上手く2頁を利用しましたね。ゾクッとしました。
1件2件

この作品は非公開になりました

いみず

情報過多に疲れたら

『巣ごもり』の「おいてけぼりになったら、少し時の流れがゆっくりになった」が印象的でした。その後風の冷たさなど当然感じていたはずなのに気づいていなかったことに気づく。 考えるばかりが先行して、感じるがお
いみず

ダメッぷりがうまい

ご無沙汰してます。ペンネーム変えたんですね。 すっかり人気作家になられて、初期からのファンとしては嬉しいです。 まさかのラストと、そこに持っていくまで読者の感情をコントロールするストーリーはさすがです
1件1件

この作品は非公開になりました

いみず

私小説かエッセイかと思わされた

全体的に湿度の高い文章が淡々と語りかけてきたと感じました。 閉経前後にまつわる女性の心境というのは、多分男性とはかなり違って、月経が乱れてそしてなくなるという、目で見て分かる体の変化に否応なく従わされ
1件
いみず

感想

なにがマニアックって、タイトルが一番マニアック。 一年後、篠原先生が十川先生と下山先生を手玉に取って、さくらと付き合ってるなんてストーリーを勝手に想像してしまいます(笑)
1件1件
いみず

ネタバレ含みます 幸せな気分になる掌編

シュールな設定なのに、ほのぼのとした雰囲気が出ている印象的な作品でした。 異常事態に驚きもしない僕の言動や、ドジっぽいのに少し不遜な父ペンギンなど、柔らかな気分にさせてくれます。 博徒の「入ります」み
1件1件

この作品は非公開になりました

いみず

おもろかった

面白かったです。 導入部分だけですよね、これ。 このあと物語が進行していくんですよね(←プレッシャー)。 基本エンタメラノベなんでしょうけど、所々作者と重なるとこかなと勝手に想像したりして楽しめました
1件2件

この作品は非公開になりました

いみず

感想

「社会貢献なんてしたいという人の気持ちがわからない」ということをわざわざ発言する人の気持ちがわからない筆者が、「(自分は)半端者で社会貢献できず保身しかできない」とわざわざ発言しているところに妙味を感
1件1件
いみず

どうでもいい感想

ぷはははは。 ほんまどうでもいいけど面白い。 私の知ってるある医者は薬の名前が思い出せなくて、院外処方箋に「いつもの漢方」と書いて疑義照会されてました。 電話を切って一言。 「やっぱアカンかったわー」
2件1件

この作品は非公開になりました

いみず

感想

道の見えない時はたとえ堂々巡りでも、歩き回っていたら見えてくるものがある。 同じものを何度目にしても、見るたびにどこか違うところを発見する。 それは立ち止まって目を閉じて嘆いているだけの人には気づけな
1件1件

この作品は非公開になりました

いみず
 「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」という本はあとがきから始まる。医師である作者の井村和清先生が骨肉腫の肺転移でいつ命を落とすとも知れない状態で書いていたので、どこで絶筆となってもよいようにという配慮から
ネタバレあり
2件1件
いみず
新作ですね。 いつも校閲からですみません。 1ページ目、「参加するのは……男子生徒と決まっていた」と「参加するのは……先生方を含めて」とありますが、前者で生徒だけなのかなと思って、後者であれ? と思
3件
いみず
良かったです。 軽妙な一人称でテンポ良く進む文体、所々に節目のようにさし挟まれる独り言の様な心の声、呼称の変遷で表す時の流れ、ゲームの『PAUSE』を上手く使った伏線。上手いなあ。 短い話で綺麗にまと
ネタバレあり
1件
いみず
 面白く読みました。  錫匁の狂気が徐々に出てくるとこなど、ロバート・デニーロの『ザ・ファン』を思い出しました。  また、小道具としての月岡芳年や、画材も存在感を示していて、物語のリアリティーを増して
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

いみず
一気に読みきりました。 好みの問題でしょうが、今までの作品のうちで一番好きです。 ネットやパソコンが発達して、良くも悪くも気軽に意思表明できる世界になってきたことで、言葉にできない、というか言葉になる
2件2件

この作品は非公開になりました

いみず
「誰かの穴を埋めようとしても、無力だった過去」 悲しいねえ。
1件3件
いみず
久しぶりの作品ですね。書き続けていて尊敬します。私は忙しくて、頭の中で物語を考えるのが精一杯。なかなか実作に繋がりません……。
3件15件
いみず
久しぶりの更新、楽しく(?)読ませていただきました。いつも自信無さ気ですけど、そのぶん分装飾のない心の言葉が伝わってくる文章で、私は好きです。 応援してます。創作も、生きていくことも。
1件1件
いみず
面白かった。 最後のシュートのシーンがリアルに目に浮かんで、上手だなあと思う。 ぜひ長編も頑張ってください。
1件
いみず
頑張ってますね! これもまた読みやすくて、ぐいぐい先に進んでしまいました。一部抜粋ということなので前後も気になります。
1件1件
いみず
ハイペースで書いてますね。尊敬します。 そして大阪人として一言、 おまえがいっちゃんツッコんでるやん! 大阪のこと、言葉も含めてよくご存知ですね。 こちらで暮らしたことがおあり? ほとんど会話な
5件
いみず
お久しぶりです。 新しい作品手がけたんですね。前作同様に、テンポ良くグイグイ読めました。 三人のキャラも立ってて良い感じです。続き楽しみにしています。
1件10件
いみず
いや、ないないって。
1件

この作品は非公開になりました

いみず
ライトノベルっぽいコミカルな文体で、全然ライトじゃないテーマを物語った秀作。 会話の勢いに頼り切らずに、随所に的確な描写も入れていて、一気に読めました。 これだけでは人間(人外含む)関係がまだよくは
1件5件
いみず
はじめまして。 コンテストのページからやってきました。 さすが大賞を獲られるだけあって、読みやすくテンポよく心温まる話でした。 これからもご活躍下さい。
1件1件
もっと見る