この作品は非公開になりました

oomori

文庫本で読みたい

どんな世代の読者にもお勧めしたい、良質な文学作品です。 古い時代から新しい時代への過渡期が描かれているようにも思います。 そこはかとないやさしさに満ちた、良質なファンタジーとしても秀逸です。 冬の静か
1件
oomori

マスコットかぁ!

そうだった! マスコットがお揃いだったんだった! デザイン変えておけばよかったねぇ。 でも加藤たちやさしい! しかし一部女子たちの迫る手が怖い…><
1件1件
oomori

この絶妙な接近…

お互いが意識しながら、少しずつ近づいていく感じがたまりません>< 毎回、次の展開が楽しみです☆
1件2件
oomori
多くの登場人物がそれぞれ個性的に描かれ、 物語世界に見事に配置されています。 しかも通りいっぺんではなく、表裏のある 複雑な人間像がリアルに描かれます。 病院内の錯綜する人間関係の中で 謎は混迷の度を
1件

この作品は非公開になりました

oomori
日常の謎に惹きつけられ、 滑らかな文章に自然と読み進めてしまい、 読み心地と後味の良い仕上がり。 描写が具体的なのにとても自然で、 良質な佳品でした。 こんな短編集を、旅先へ向かう列車の ボックス席
2件
oomori
鮮やかに描き出された個性的な4人の、 それぞれの瑞々しい想いがテンポ良く描写されて 進むストーリーはまるで軽快なポップスを聴いているような心地よさ! まるでテニスボールのラリーのような会話の応酬も、
1件3件
oomori
クールイケメンの攻め・浩貴と 可愛すぎる受け・翔多という 王道のキャラクター造形でありながら、 2人の息づかいまで聞こえそうな会話や お互いに差し伸べる指先のしぐさまで 伝わってきそうな、生き生きとし
1件2件
oomori
良質な純文学作品の味わいでした。 しっとりと静かで、素敵でした。

この作品は非公開になりました

oomori
切ないような、こわいような、 ドキドキする作品でした。
oomori
不思議でこわいです。。
1件

この作品は非公開になりました

oomori
しみじみと素敵な作品でした。
1件
oomori
短編ながらキャラクターが生き生きとしていて ちょっとウルッてくる素敵な作品でした!

この作品は非公開になりました

oomori
作品タイトル「アウトオブバウンズ」という言葉が何重にも読者に問いかける。 境界の意味、境界の中にいる意味、境界の外にいる意味…… 簡単に読者がキャラクターに共感し、感情移入することさえ拒否するかの
1件1件

この作品は非公開になりました

oomori
一人称の文章が生々しくて鮮烈です(「青を刺す」も)。 もし「さよならの理由」じゃなく「青」だったら マイベスト!って感じでした(勝手な感想) 良い文章、作品を読ませていただきありがとうございました。
1件
oomori
テンポ良く進むストーリーと楽しい会話。 愛すべきキャラクターたち。 短編の中にファンタジーを読む楽しさと喜びが詰まってる。 平成最後のクリスマスに読みたい、可愛らしくて キュンとして、素敵な作品でした

この作品は非公開になりました

oomori
「──今は先のことを考えなくていい」 ハードボイルドすぎる、平成最後の夏の闘い! 全てを賭けて挑む、一対一の息を呑むバトルアクション! 必読! いや~、堪能しました☆
oomori
文体のリズムが良く、ショートストーリーながら滋味あふれる作品でした。
2件
oomori
小さな箱庭の部屋の中をのぞき込んだら、暑い夏のにおいがにじみ出てくるような、そんな佳品。
2件
oomori
決して派手ではないけど、テンポよく、でも、しみじみと、素敵な作品です。
2件

この作品は非公開になりました

oomori
心がつかまれる、ストレートで素敵な詩です。
1件

この作品は非公開になりました

oomori
テンポが良くて、スリルがあって、おもしろく読みました。 素敵な作品をありがとうございました。
1件