この作品は非公開になりました

富井亮龍
時代が変わってゆくことを誰も止められない 体の中を流れる血液を止めることなく、頭と心臓を挿げ替えるような事があろうとも そんな時代に生きた男たちの野心が露骨に交差する あと一歩・・・ほん
富井亮龍
外を見ない 雪の夜には誰にも言えない恐ろしい秘密 何が本当か、誰が嘘をついているのか・・・ 最後までわからない。何度読んでも引っかかる。 悲しくて辛い男の過去が衝撃的なラストを迎える 何の
富井亮龍
ごく普通の高校生カップルの甘酸っぱいラブストーリーだと思っていました。 人の死って、幸せな時は遠くに考えているけれど 直面すると案外近いところにあったんだなと思います。 高校生の彼に起きた不幸を
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
時代が熟し、新選組だけでなく、時代に関わるものすべてが 淘汰されようとする頃なのでしょうか 運悪くこの過渡期に頂点を極めてしまった将軍が やっと会えた正義の人 もう少し早く会うことができたな
富井亮龍
結局、人は変わりたいと思う気持ちとは常に裏腹に 変らないことを望んでしまうということなのでしょうか でも、まあ、今回は不幸に取りつかれた女を手に入れずに済んで よかったのかもですよ。 逆に救わ
1件
富井亮龍
涙や笑いで流せるうちは恋も失恋もいっぱいするといいですよね 自転車の練習と一緒。 輪が取れてスイスイ進めるようになるととてもうれしい けれど歳をとると、転べば怪我をするからと自転車に乗ることをや
1件
富井亮龍
やばい 涙が止まらない 感動なのか、時輪氏の哀れなのか・・・ 恋しい女のためだけに自分をかけられるなんて 物語を激しく揺さぶるような少し乱暴にも取れる話の運びが より男のロマンを強く感じる。
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
武士大神に、少し登場した陰間の雅清 魅力的な彼に、そのほんの少しの登場だけで心を大きくつかまれました。 この本では彼が主役。以前にもまして魅力的に感じました。 もう一人、とてもステキな登場人物、

この作品は非公開になりました

富井亮龍
幕末の世はまさに狂気である 公爵までもが血に手を染める。 そうまでしなければ変えられなかったのでしょうか。 そうまでして終わらせたかったものってなんなのでしょう? 今となっては幕末の志士はスタ

この作品は非公開になりました

富井亮龍
かわいいです とてもかわいい恋愛小説 痴話げんかからのスタートで、どうなっちゃうんだろ・・・ と思いましたが・・・ 素敵な二人の彼との間で揺れる主人公と、クラスメイト・学園ライフ どれをとっ
1件
富井亮龍
やっぱり、勇者はカッコイイ!正義は憧れです。 敵があるから味方いる。 悪は悪の信念で戦っている!! 悪は悪に落ちてゆくさまというのは、だいたい、どんな物語でも 同じようなパターンではあるが、
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
東男に京女。いい歳の男と女がいれば艶っぽい話もあって当然。 命を削って生きている男の安らぎのひと時。 土方氏ももれなくのそのひと時に、まぜか一人苦しむ辰巳の訳が分かりそうでわからない・・・ 地
富井亮龍
喜怒哀楽はなによりも薬だから、たぶん、この患者も医者も元気になれるよ
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
因果応報というやつでしょうか・・・・
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
式に参加できたことはうれしかっただろうけど 死んでしまったことはやっぱり寂しいし悲しい。 この彼はもう一人のお母さんのことをもっと早く聞いていれば 二人のお母さんに晴れ姿を見せてあげられたかもし
1件
富井亮龍
蓮華さんも学生時代はこんな風にいろいろな出会いや別れを経験しているのでしょうね なんとなくイジワルしたいような、でも独り占めしたいような センシティブな描写がとてもステキです。 何も感じず、誰と
1件
富井亮龍
おじいちゃんはケイタにグローブを渡せてよかった 本当にギリギリで自分では手渡せなかったけど、約束は果たせてよかった。 残されたものはもちろん悲しいだろうけど、じいちゃんは仕方ないね だからかなしまな
1件
富井亮龍
なんだろう・・・心がいたい・・・ もっといい人たちの集まる場所に行こうよ。 いわゆる、運気の良い場所ってところに。

この作品は非公開になりました

富井亮龍
新選組の事件の中で最も悲しい事件だと思う。 多くの謎を残したまま失踪し切腹した山南さん。 彼は新選組に入隊するときは皆と同じ志気だったはずなのに どこで変わってしまったのか、はたまた彼が変ることができ
富井亮龍
キラキラだー☆彡 キラキラの青春!人を思って悩み壊れそうなまだまだ未熟なハートの、 息遣いが聞こえそうなほどリアルに描かれていて もう戻らない青春を懐かしんだり、妬んだり・・・ センシティブな心が素
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
幕末は、ほんの少しの人間でなしえたことでないことは理解している 多くの人の知恵と努力と、それを支えるまた多くの人の力と 多くの血が流れたこともわかっているが それを踏まえてもなお、この人、坂本龍馬の活
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
でも・・・よかった。 新しい恋が始まって。
1件
富井亮龍
全くラッキーじゃないラッキーアイテム・・・・ 切ない・・・ おまけの詐欺のようなクレーム対応・・・・ 切なすぎる・・・ でも、これ以上悪いことはないよ。きっとこれが最後の厄落としだったんだ!!
富井亮龍
お化け嫌いでもやっぱかわいい女の子だったらそれなりに話も弾んだりして・・・ で、三万はリアルに持ってかれた? 女はこわいね
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
歴史がどんなに嫌いでも、その名を聞いたことがないなんて人は多分いない 西郷隆盛、一時代を作った男たちが一堂に集う街にあって カリスマ的存在の彼をもまたジワリと時代の歯車に飲み込まれてゆくさまが 時が人
富井亮龍
確かにそう言う人、居ます。 今の子は謝れない人一杯います。 ひょっとして自分も・・・などとぎくりとしたり・・・ 色々考えながら読みました。 生きることは難しいです・・・
富井亮龍
いつも絵がとてもかわいい!
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
この回の登場人物は山南 敬助 新選組での自分での思想と現実のはざまで悩む山南氏の心が 痛いほど伝わります。 変わらない人と恐ろしく速いスピードで変わってゆく時代に苦しみながら その中にあって妖の
富井亮龍
何というか・・・恋愛は難しい。 500,000ピースくらいのパズルをしているようなもので、途中でヤメタ!と思っても 気になってまた初めて・・・また諦めて又始める そう言うジレンマがよく伝わりました。
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

富井亮龍
まさに嵐を呼ぶ男。 学もあり武芸にも秀でているが、ここに来てはいけなあった人なのかも 真っすぐの人生の道をただひたすら前だけを見て歩んでいて ふと気づくと、悪魔と隣合わせていた。 そんな感じで
もっと見る