自己紹介

いつか、ファンタジー小説を書いてみたいです。が、私にとって聖域すぎて、多分一生手を出せません。 (でもひょっとすると?笑) せめて、物語の世界の片隅で遊んでいたい・・・他人様に見せるには、力量不足で