しなののみかん

ゲーム画面で見てみたい裁縫技の世界観

さすがゲーム化を前提とした企画ですので、登場人物の数と それぞれの持つ設定が多彩です。 読み始めて「情報量が多い!」と思った方は、序盤だけでもメモを取りながら読むと一気に面白くなると思います。人物の持
2件

その人のことを思って泣く人は、必ずいるんだ

現在進行形で実在する人権問題を題材にされた作品と受け取りました。 人権感覚とは「その人のことを思って泣く人のことを想像できるか」がとても大切だと考えてきたので、「私が泣いた理由」というお題に際して人権
3件

どうして「ホライゾン」なのか?

作者様のコメントにあるように「ライトノベル」で「青春」。 そこになぜホライゾンという超常的な存在が必要なのかを、ずっと考えながら読んできました。 39ページ目まで公開された時点で考察しています。 で
ネタバレあり
2件1件

積み重ねられる物語に気付かされ

タイムスリップものですが、突拍子もない現象とは感じられません。人々の積み重ねたものの上に起きる奇跡に気付かされた時の感動が格別です。
1件

この作品は非公開になりました

感情の落差も体感させていただきました

いたたまれない気持ちになる場面設定でしたが、逆にいえば、短い文章でありながら、それだけの気持ちにさせられました。 『20年後のぼく』の意味するところが、昔と「今」で違うんだろうなと思ったり。 「もしも
1件