CelestLetaler

なるほど、のめり込みたい

考察してほしそうなところをトピックで見たので、ここで考察を。幽霊の「動機」。 ページコメントにも書いたように、この幽霊は呪いを背負った怨霊なのかな、という感じがしました。事故死という理不尽を怨んだこと
ネタバレあり
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

あー!あー!

こんな叫びを心の中で上げ続けていました。 こういうベタベタなのは見てて羨ましくなりますね。羨ましく……うう。
CelestLetaler

彼は強かったのだ……

自分を卑下する主人公。淡々とした語りが、全体に暗い雰囲気を落とす。 しかし、その淡々としたものが、彼の本当の姿を、強い姿を、見せてくれる。そんな作品。 人間の優れ方って、なんだろう。
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

押し付ける「正義」は、狂気。

「正しいこと」に報酬が支払われると、もっと正しくあろうとする。その「正しいこと」が「害悪の排除」だったなら、大きな害悪を排除したくなる。 探し続けて、見つからなくて、最後には無意識に仕立て上げた者を「
ネタバレあり
1件1件
CelestLetaler

何がそこにあったのだろうか……

イベントがまだ受け付けてるっぽかったので。 ソラ、もといステラという存在が一体何なのか。情報が極めて少ない短編の特性から、いかなる説も飛び出しそうな気がします。 なぜ、あれを撃墜と例えたのか。そもそも
ネタバレあり
1件
CelestLetaler

伸びに期待します

全体的に、作中に出てくるアイスのような冷たさのある作品。甘いのかもしれないし、そう思わされているのかもしれない。 キャラの名前の意味もなんかありそうですね。 ただ、気になったのがキャラの性別が迷子な
1件1件
CelestLetaler

ヒロイン力が高い、読みやすい、つまり楽しい

トピックから来ました。藍のキャラが今書いてる作品の主人公の一人にだいぶ近いので、大いに参考になります。生まれに縛られたくないってやつですかね。 注釈も多すぎなくていい。IFの薄い歴史小説では当然注釈の
1件
CelestLetaler

角度を変えて、姿も変わる(トピから)

こういう青春も送ってみたかったなあ、そう思います。何もかも大丈夫な気がして、今を思いっきり楽しめる青春。 そんなことを経験しないで、過ぎ去った青春に後悔があるわけではないのですが、こういうのをピュアに
1件1件
CelestLetaler

あ、これ「読む気分」で読んじゃだめなやつだ

このレビューを読んでる人! 物語を読むテンションって、わかるかな? そう、読み取ろうっていう心だね。 そんな心は、持たないようにしようね! こころのもっと本質的な部分で感じて、笑おうね! (これしか
2件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

目の付け所が違う

文法で戦う。凄いことを考えついたものですね…何を食べて生きてるのですか? プロローグから狂気たっぷりなのはやはりそこは『世界葬』の系譜といったところ。追っかけます。

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

? ? ?

難解さが持ち味でありながら、欠点でもある怪作といった印象。 感じながら読むと味が染みていくような文書で、コロコロ文体を変えるので飽きがこない。ところがガチ考察をするとこれは難題。恐ろしいものに出逢って
CelestLetaler

トピックより

説明し難い概念を持ち出すことになりますが、この作品は「和風不思議感」に包まれている。 全体的に暗い雰囲気なのは刺さる。いいぞお! という感じです。
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

やられた、なんてこった!

いや、だって。やることなすことこんな狂ってる人が語り手なんて思わないじゃないですか。現実的に冷静に見た整合性とか完全に無視したサイコムーブよ。 こういう系の作品の先の展開を読む能力がかなり低い自分には
1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

でも結局浣腸なんだよね

調子のいい地の文の語りに、個性たっぷりな主人公達に、いかにも凄そうなドラゴン。敵にもエピソードがしっかりあっていい。 でも、結局浣腸なんだよね。
1件
CelestLetaler

なんなのだ、これは!?どうして笑えてくるのだ!?

まず目につくのが不条理超展開。最初の1ページ(これが結構長い)だけでも頭に「?」がグーゴル個は並びそうなトンデモ。幸せそうに食事してたらいきなり爆発なんて誰が予想できるんだ! 勢いだけで笑える。読む抗
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler

こいつの名前は…

うーむ、このキャラ…この謎感とかからして… 名前は十字架という意味の「クロワ(Croix)」というのはどうかな!?(なんで?)

この作品は非公開になりました

CelestLetaler
恋愛について語れない者なので、そこには言及しません。 温かくも冷たい話ですね。温もりが少しずつ去るとでもいう感覚でしょうか。雰囲気はいい。 ただかなり自分として気になるのは、病名が出ていないところ
ネタバレあり
CelestLetaler
これは考えさせられますね。 偶然にも立ち止まった技術が進んだ技術に勝ってしまったわけですが、そのようなことが他にもありそうな気がしてハイテク化への風刺すら感じる痛快な作品に思いました。
ネタバレあり
1件1件
グッ!!! これはいい。こっちに合わせてキャラを調整してもいいかもしれないと感じましたね。 早速表紙に採用です、ありがとうございます…ありがとうございます…
CelestLetaler
自分は「恋愛をしたことがないし、もしかしたらできないかもしれない」人間ですが、そんな自分にも何か心に響くものがありました。 文章のおかげもあるのでしょう。水滴か布にゆっくり染みていくように心に入ってい
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler
ハラショー!(なぜロシア語かという理由はありますが説明はしません) そうですね、シリーズの中でも1は色々な意味でかなり「冷たい」雰囲気なのでピッタリです。 表紙絵にするために厳しい視点で見てますけど、
CelestLetaler
ベネ(イタリア語:よし)! この何もかも蔑んでる感じがいいです、これでこそ自分の作品の主人公ってもんです。 ありがたくアイコンにさせていただきます。
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler
読了。 どういうわけか、主人公がなんとなく自分に重なって感じられました。 やっぱり義務教育では「デキるけど性格に難があるとされる」人って、何かと嫌になってしまうんですよね。2年前の自分が美少女になった
1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler
エッセイを想像して読むものではない。マジで日記です。マジのマジで。 全てがどうでもいいやって時に読んだら更に全てがどうでもよくなります。そしてスッキリするのでスッキリします。 病んでるのか病んでないの
1件
CelestLetaler
仕事に積極性があるような言い回しから狂気の沙汰、というものであるのは間違いないが、それとは逆ともいうべき語り得ない何かがある。 人の革。人の魂は込もっていても、心は込もってないのかもしれない。
ネタバレあり
1件1件
CelestLetaler
現在11ページまで読みました。 非魔界族、反非魔界族の構図が面白いですね、読み進めてみる価値はあると思いました。 詠唱の語感が独特なのを考えるとやはり独自で意味を持たせてるということでしょうかね。
ネタバレあり
1件
CelestLetaler
叙事詩的な語りが世界に自分を引き込むのを感じました。
1件1件

この作品は非公開になりました

CelestLetaler
凄まじい急展開と、それによる予想のつかなさ。構想が先走っていると捉えるか、「わけがわからない」の演出と捉えるかは個人に委ねられます。自分としては後者に感じました。 ただ何度も書いて消してしてるのでしょ
1件2件