つぶやき一覧

すみません。家族に不幸あり喪に服すためエブリスタでの活動をしばらく休止いたします。残念ですが、活動再開の際にはまたよろしくお願い致します。 生きた熊
40件16件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 亀足が突然、自分が犠牲になって小鬼神の怒りを鎮めると言い出し、なぎさは亀足の代わりに犠牲になると名乗り出て、ミニオロチは✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 小鬼神の怒りを鎮めるためには亀足の血を搾り取らなければならないが、一方で、亀足の汚れない魂が無いと彷徨った文字は「かみ」に帰れない。どうすればよいのか✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
32件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 発掘は進むが、所々で「かみ」を傷付けてしまい小鬼神が目覚めてしまう。先ずは小鬼神の怒りを鎮めなければならないが、そのためには✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
29件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遂に発掘現場で「かみ」を発見。慎重に取り出さないと、「かみ」を傷付けると、傷の程度に応じて、小鬼神、中鬼神、大鬼神が目覚めてしまう。ところが、慎重な作業の中、ミニオロチが思わずくしゃみをしてしまい✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
30件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 疫病神も国造りに協力してくれることに・・・・国造りが成功すると全ての呪縛が解かれ、疫病神は✖✖✖✖、ミニオロチも✖✖✖✖、そして、僕たちも✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
32件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遂に発掘作業が開始され、宙を彷徨っていた文字が徐々に亀足の頭上に集まり始め、「かみ」が掘り出されるのを今か今かと待っている。やがて空が闇に包まれ✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
30件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遂に図書室の下の「かみ」が埋もれた遺跡の発掘が開始され、僕たちは再度、国造りの尊い儀式に臨むことになったのだが・・・・ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遺跡発掘を進めるために僕たちは荒業を使うことに・・・・ミニオロチが八岐大蛇に巨大化し、学校ごと跡形なく燃やし尽くし遺跡発掘にお誂え向きの状況を実現し✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。 (こそこそと蛇足)来年はBLっぽいヒューマンとかエッセイ始めようかと思います。コロナ渦だからこそ海外旅行関連のエッセイとか、人
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遺跡を発掘して「かみ」を発見しなければならないのに、校長たちは遺跡の重要性が全く分かっていなくて学園内の敷地を掘り起こすことを拒否。このままでは「かみ」から文字が乖離したまま時が過ぎ、✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
29件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 ✖✖✖という言葉を聴いた瞬間に巨大な八岐大蛇は記憶が戻り、みるみる縮み上がってミニオロチになった・・・・これで全員揃い、遂に今度こそ理想の国造りを実現するために僕たちは・・・・ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
30件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 僕は記憶をよみがえらせる呪文を思出せなかったが、傍に居た誰かがその呪文を偶々口にしたらしく、僕の記憶はどんどん蘇り、これまでの国造りの失敗のことを思い出すが✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
24件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 僕は遂に理想の国造りを託されて神の国から降りて来たこと、何度も国造りに失敗し続けていること、だから失敗しないために大切なことを封印して呪文で解けるように仕組んだことを思い出したが✖✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
27件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 僕たちは白装束と紫空と再会を果たすが、思い出せた記憶は断片的でもどかしい。何か大切なことを成すために僕は存在しているんだということは思い出せても✖✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
30件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 なぎさの口から白装束、紫空の名が・・・・彼らが僕と戦った相手らしいが、亀足もその名を聴いた憶えがあって、近くに居る気がすると言う。そして✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 亀足もなぎさも僕が言った同じ台詞を唐突に思い出した。「僕は将来どうしてもやらなければならないことがあるから、こんなところで挫折するわけにはいかない」僕もその言葉を思い出して✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
29件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 第六章「振出しに戻った僕たちは・・・・」がスタートしました! なぎさと再会した僕は次に亀足と再会するが、どうしても二人との関係が思い出せない。以前の感情を封印したときに設定した呪文を唱えれば記憶の扉が少しずつ開く筈なのだが、その呪文とは✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
28件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 振出しに戻った僕たち。僕は風に飛ばされた帽子を追って線路に入ってしまい、そこに特急列車が突っ込んできて、でもそのとき✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
30件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 大鬼神の発する熱風でもう目を開けていられない。身体が徐々に焼けて溶け落ちる。今度また再生し、国造りを託されたとき、同じ過ちを犯さないために僕たちは✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖(第六章に続く) https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
27件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遂に大鬼神が近付いてきて、鬼神の熱で床も壁も人の身体も燃え始め・・・・✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
32件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 僕をかばってなぎさがバットで殴られ、瀕死の状態に・・・・怒りが頂点に達して白木も紫園も立ち上がるが、僕は✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 神々が人間に期待している最大のポイントが正義と勇気だということは分かっている。それを発揮できない僕たちの今の姿が神々の怒りを買い、大鬼神が目を覚ますことになるのだが、✖✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
29件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 ミニオロチが身体をはって極悪人の卑賎な行為を止めたが、パニックになった彼らの攻撃で殺されかかり、それを僕たちは黙って見ているしかなかった・・・・すると✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
29件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 神々の尊い儀式―文字と「かみ」の再合成―の間、人間だろうと疫病神だろうと、神々の怒りを買うような行為をすれば大鬼神が目を覚まし全てを破壊してしまう✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 剥がれた文字が「かみ」に戻り、神々が最初に国造りした当時の人間に戻れば疫病神たちはこの国に居られなくなるというが・・・・それならなぜ疫病神が「かみ」と文字の再結合を邪魔せずじっと見守っているかというと✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
32件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 亀足の病室に「かみ」が次々と積み上がり、宙を彷徨っていた文字が「かみ」の隙間にどんどん吸い込まれていく。そんなとき、疫病神と貧乏神の軍団が現れて✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
33件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 剥がれた全ての文字を「かみ」に戻す鍵は亀足だと分かったのだが、全ての文字を「かみ」に戻せたとしても、それだけでは理想の国造りとはならず、✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
31件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 宙に浮いていた「かみ」が次々と何処かへ向かって流れて行って、その後を追うと神社の境内に入り、✖✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
32件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遂に発掘された「かみ」が保管されている場所に辿り着き、僕たちは「かみ」に剥がれた文字を戻そうとするのだが、✖✖✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
36件
「或る日とつぜん神になった僕の・・・・」更新しました。 遺跡を発掘し「かみ」を発見した学者に僕たちは本当のことを話ししたが、噴き出されてしまい、全く信じてもらえない。なぎさが怒って✖✖✖✖✖✖ https://estar.jp/novels/25624659 よろしくお願いいたします。
33件
もっと見る