伊勢海老
レビュー失礼致します。 序盤からテンポ良く展開するストーリーに引き込まれて一気に最後まで読み切ってしまいました。 身の周りの人間が亡くなっていく恐怖、呪いを彷彿とさせるラインに読み手の想像力が掻き
ネタバレあり
1件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 普通のOLの主人公、沙智の心情は「分かる!」の一言に尽きます。 物語の中で次々に明かされていく衝撃的な真実や厳しい展開に、果たして沙智に光が訪れるのかと目が離せません。 作
5件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 短い文章の中で、見事に幻想的な世界が表現されています。描写がとても美しかったです。 舞台になっている田舎の駅や、人通りの少ないシチュエーションは読んでいて何処か寂寞感を感じ
1件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 民話や文化史が作中に、散りばめられていて色々な角度から河童について考えさせられる作品です。 作者・西ノ森様の故郷が舞台という事もあり、描写が丁寧で光景が目に浮かぶようでした
1件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 高い文章力とテンポの良い展開に、これぞ怪談といった雰囲気を感じます。 本質的な所はもっと別の部分にあるのだと、細やかに描かれている伏線がラストの不気味さを際立たせている作品
ネタバレあり
伊勢海老
レビュー失礼致します。 素敵な表紙に心惹かれて拝読致しました。 オムニバス形式で一つの物語の中で幾つもの怪談が楽しめる作品です。 読み手の想像力や恐怖が膨らむ文章に構成となっているので、次のページは
伊勢海老
レビュー失礼致します。 じわじわと侵食して今も尚広がっている様な恐怖を味わえる作品でした。 その場、その場で物語が繋がっている事を表している描写が読み取れ、時系列を振り返りながら展開していくストーリ
1件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 短い文章の中に人間の怖さ(気持ち悪さ)と、怪談の怖さの要素が集約されている作品だと思いました。 土地ならではの因習が存在しそうでリアルです。 彼女についての部分が不確かな事
1件
伊勢海老
コミカライズ決定おめでとうございます! 115ページまで拝見致しました、レビュー失礼致します。 冒頭のシーンはこれから物語の中で何が起こっていくのか、怖くもあり、楽しみに感じました。 まるでドラマ
2件
伊勢海老
レビュー失礼致します。 まさに四重奏というタイトルにマッチした内容。 後味はざらりとしますが、展開のテンポの良さに引き込まれる素敵な作品でした。 主人公が普通の子かなと思いきや、なかなかぶっ飛んで
ネタバレあり

この作品は非公開になりました

伊勢海老
読んでいて内面が浄化される様な綺麗な言葉運びと文章が素敵でした。 序文の重厚な文章にしぐれちゃんに光りがあるのかと心配でしたが、杞憂に終わって良かったです 近い間の絆や、近い故に見えにくいものとい
ネタバレあり
1件