初木さんの雑学

ネタ元どこや(笑)?!の連続。一体どこでどんな書籍を……と思ったとき、ふと思い出しました。むかし図書館内を回遊していたら、密教の修行本に遭遇したことがあったのを。リアルなマントラの唱え方とか書いてあっ

非公開?!(?_?)!

久しぶりの更新だ~と思ったら、非公開?! 他の作品も非公開になってる……。体調でもお悪いのでしょうか(・・;)

少し話が飛びますが

 ドラマ『冬のソナタ』で、記憶を失った状態でヒロインのライバルと交際していた恋人が、初恋の思い出が記憶が戻ったとたんに、ヒロインのもとへ戻ったのですが、とても納得いきませんでした。  まっさらな状態

プロフィールと作品の落差

プロフィールを一読して、自信満々な人やなぁ、作品も、これがオレ様のロックだぜ!的なのなかぁと(失礼!)思っていたのですが、ちょくちょくパンのいい香りが漂うシチュエーションで、女性のちょっとした計算高さ

まだ連載の途中ですが

20章のタイトル、引っかかります。オレちょっと離脱します……。

ついつい

BLからは足を洗うときめて〇〇年。コメディタッチだとつい読んじゃいます~( T∀T) 気がついたら、第5話まで読みすすんでいたワタシ…………。ツラいけど、忘れます。アデュ~。

『変顔』拝読後

気分を変えたくて、クリックしました。 昔から、ニキビ面の男子に目がいっていたことを思い出しました。現代は男性もスキンケア当たり前の時代。仕事をする上でのエチケットとは聞いたものの、男性用化粧品の前に

補足 〉

ただ、日本は何につけても比較的規則正しい国ではあると思うので、そういう面では、不測の事態が苦手な一ノ瀬さんにとって良い国ですね。

人から聞いた話ではありますが

 図画の授業中、日本の学校で「人を描きましょう」とお題が出されたら、皆一様に五体が揃った姿を描き、揃っていない子がいると、先生が「あら、どうして手を描かないの?」とか、「足がないね。おかしいね」と注意

拝読中に

お隣さんがゴミ出しに出てきました。 ふだんから静かなお隣さんです。 音がして、よかったと思いました。

主人公が活動を開始したあたりから

(はじめまして。拙作にスターをありがとうございました。)  拝読中、20年ほど前に話題になった映画のことばかりが、脳裏に浮かんでいました。内容がハードだったので、作品は観ておらず、新聞での評以外のこ

はじめての歯医者

確か中学生の頃だったので、歯医者が怖かったという記憶がないのですが、子供目線の描写がリアルで、読んでいて、『これは怖いなー』と思いました。治療箇所が歯だけに、「がんばったらチョコ(飴でも可。)買ってあ

さ、削除!?

 エピソードの数が激減してる!!なんでですか?! 好きなお話たくさんあったのに! うえ~ん(。> <)、;'.・ 

学生時代にウツになり

入院しました。そしたら、あたりまえのことですが、まわりは患者だらけ。おまけに、「名刺代わりに病名を~🎵」状態だったので、つらいのと気楽なのが混在した、ふしぎな入院体験になりました。症状が似ていた子と

途中までしか読めていないので

もしかしたらずれたアドバイスかもしれませんが、ストーカーのような記憶に悩まされているときのオススメ曲 →→ 『だからその手をはなして』

一瞬ぎょっとしたけれど

愛菜ちゃん可愛い(^^) 一番さいごに明かされたエピソードが、一番可愛い。先々もラブラブでしょう!

三丁目の電柱の歌

と聞いて、わかる方は、ふふふ昭和生まれですね? 正式なタイトルは知らないのですが、なんだかあの歌を思い出しました。そのうち、電線も地下にと巷ではうわさされているし、いつか電柱もなくなってしまうのかな。

好きな人にタイトル中のセリフを言われたら

美奈ちゃんみたいな解決は、私にはできないな。「そうなんだ………。じゃあ、まぁ、自由に生きてね」で終わる(苦笑) そして1人泣く(笑) その後、友人としてカムバック。時間かかるやろなぁ。美奈ちゃんの対応

イメージ画像

陰影が有名画家の絵画みたい。内容も気になるけど、写真も気になります。静謐な雰囲気と、配置されている物のギャップをどう受けとめたらいいのでしょうか(・・;)

桜かぁ

酔わせる花ですよね。私はお酒には酔いませんが、桜には弱いです。見上げていると、いろいろ思ってしまって、まとまりません。やっぱりあの幻想的なところが、魔物なんでしょうね。

学生の頃

通学ルートが渋谷駅を経由していたので、ついでによく寄ってましたが、結界をはるがごとくにシャキシャキ歩いていたせいか、作品に描かれているのとは、印象がまったく違う街でした。でも、ハチ公前での待ち合わせと

田植えが終わって

仕事先が田んぼに囲まれているので、田植えが終わった今は、一面さわやかな緑が広がっています。詩を読みながら、「そっかー、そうだよなぁ、秋になったら一面金色になるんだよなぁ」と、楽しみになりました。朝にふ

作者さんのことはわからないけれど

作品、ひとつひとつの詩の主人公さんは、少し人のなかに居過ぎなんかな~と思いました。もしも自分の友だちから「これらの詩が、私の本音なの」と打ち明けられたら、とりあえず家庭菜園をすすめると思います。虫がこ

笑える……けど……うーん(笑)

百合百合ちゃん(いるかわかんないけど)は、最初の4ページまででやめたほうがいいかもしれない。かわいい絵柄のギャグまんがだったら、山を越えられるだろうけど、文章なだけにリアルな光景を想像して、へこむ。

リア充と非リア充………。

あんまり、考えたことなかった。リア充って聞くと、決まりきったモデルケースに必死にしがみついている人たち、ってなイメージが先行して、公平に考えることができない。リア充とか、そうじゃないとか、いつからそん

食後に読み直しました。

強い風 砂のつぶて なにもかもがとげとげしいなら その場所を 離れてごらん ひとつもわるくない君がいるよ  眠れない夜は長すぎたことでしょう。今度眠れない夜がきたら、睡眠導入剤より、ハンバーグ❗食

補足 〉

以前、勤め先のパートのおばちゃんが言っていました。「これくらいの歳になると、3歩歩けばなんでも忘れる」と。当時はジョークだろうと、ただウケただけでしたが、年齢が上がるにつれて、『あれって、たぶんマジや

まだお若いかた?かな?

大丈夫、人は違うからこそ、話題も持ち寄れるんですから。表現できさえすれば、いいんじゃないっすか?

「はぁ!?」としか、いいようがなかった(笑)

ネタばらし厳禁ですね。感想書きたいけど、人にもすすめたいけど、内容にどうふれていいのか、わかりません。「ほんとに10分かかんないから、読んでみて!」しか言えない~。本棚に入れときます。

なくなりそうなのは

ネコちゃんの分! うちの学校の名物教師は、やがてくる食料危機に備えろと言い、ペットフードの類いをパンにはさんで食べ、生徒にも勧めてました。あの先生なら、皿を2つにして、まじで一緒に分かち合うでしょう。
もっと見る