自己紹介

気づくと悲しい話を書いている習性があり、泣きながら手を動かしていることが多いです。 その反動なのか、登場人物の掛け合いについては笑う方向へ行くような。 読む本は興味があれば何でも。尊敬している作家は