つぶやき一覧

「せっかくエロトラップダンジョンを作ったのに、引っかかるのは猛々しい男性冒険者ばかりな件」というタイトルで書きなさい(10点)
3件
レーティングマークつけ忘れてた
2件
みなかったことにして続けるのも、ありか……?
2件
うひょ、もろにネタ被りだった
2件
にょーんとして、なんか時間が過ぎていく
3件
時々書く気になって真夜中過ぎに投げる
3件
彼はついにやり遂げた。 白いシャツを汚さずにカレーカップうどんを食べきったのだ! 「俺は……俺はついにやったぞー!」 だが、スープを飲みはしたその瞬間、彼は驚愕した。 「な、何だと…!?」 カップの底には彼をあざ笑うように固まったカレースープのもとが……!!!
2件
よくある「あ、これじゃあ後であの展開させたら矛盾するじゃないか」てやつ
1件
男A「ハイジャック犯Aでーす」 男B「ハイジャック犯Bでーす。この機は俺たちが乗っ取った、全員おとなしくしろ!」 CA「これは大変、お客様の中に三波春夫様はいらっしゃいませんか!?」 乗客(探すならレツゴー正児だろう)
4件
「修学旅行に出発する朝、友人のかばんにやけに"ドッキリ大成功"と書かれた大きな手持ち看板が入っているのを見た俺は……」 さて、どうした!?
3件
「オレの心の棚は無限大だ!」 とその無責任男は言った。
1件
協議の結果、最高に美しい容姿を持つ女性の名前は 美美美美 美美美 (みみみみ みみみ) であることが決議されました
3件
「はい、校長先生が静かになるまでに5分かかりました」
2件1件
狸に化かされて異世界で冒険するVR体験
4件
心のなかに「なんでやねん!」が17個ぐらい連続して湧き上がってくる 「なななななななななななななななななんでやねん!」て感じで
4件
その人物は晴れた日でも常にレインコートを身につけて現れる。 その異様な雰囲気のせいかそいつは常に一人でいた。 なぜそんな格好をしているのか? 誰もが知りたがるが聞くことができなかった質問を、あるとき私はしてみた。 そいつはこう語った。 「おれ、神様に無敵の超スキルをもらったんですけど、その副作用で鳥のフンを爆撃されるようになっちゃって……」 という感じの主人公で、一本
1件
「世界がゾンビで溢れかえった! けど奴ら徘徊するだけで別に何もしてこないのでもう慣れた」 ってタイトルで
4件
「ボクと契約して魔法巨女になってよ」のタイトルで
4件1件
「そんな中一分派は争いを避けひっそりと暮らしていた」
5件
「カップ麺3分派と5分派の抗争は激化の一途をたどっていた」をテーマで
4件
「いつも勇者を送り出すだけで自分はなんにもしないと思ってたけど、いざ王様に転生したらすごく大変だったディスってごめんなさい」 のタイトルでー
6件
「モノに残った思念を読み取れるサイコメトラーの主人公が事件を追う!ただし主人公が読み取れるのは筆記用具だけ、しかもそれで何かを書いた時の様子しか見えない!」 ていうネタで、誰か一本
5件
おお ゆうしゃよ! しんでしまうとは なにごとだ! おまえなんか もうしらん ぽいだ、ぽーい どこへなりとたちさるがよい!
5件
1/6って書くと「一月六日」じゃなくて「6分の1」と読んでしまう模型脳あるいはフィギュア脳
4件
「果たしてトマトジュースは血に見えるか問題」 たぶん赤絵の具を溶いた水のほうが血に見える。
4件
「今何分だ? 「59分。あと30秒で0時だ 「よっしゃ!0時丁度にジャンプするやつやるからカウントダウンよろしく 「わかった行くぞ。10…9…8…7…6…5…4…3…2…1… 「そりゃ!よしやった!年が変わる瞬間俺は地上に… 「あ、ごめん5秒ずれてた 「な!? 「0 「おいぃぃぃぃぃl!!! て感じの
5件
実は冬眠していた
4件
「あけましておめでとうございます」 が 「あけおめ!ことよろ!」 のように短くなるならやがては 「おめ!よろ!」 となり 「め!ろ!」 さらには 「め!」 そして 「!」 になり、やがて最後には 「」 なるでしょう。
7件
もう少し説明を書いた方が良いだろうか?
4件
年内に一話……いや、3話ぐらいは……
5件
もっと見る