佳景(かけい)

きちんと最後まで読ませる物語でした

死に場所を探してやってきた主人公が、逆に生きる希望を見出して帰って行くという、あらすじを書いてしまうとありがちな物語という印象ですが、文章がしっかり書けていらっしゃるので、最後までストレスなく読み進め
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

可愛いもふもふを堪能させて頂きました

「魔王がポメラニアンの姿になる」というのは、なかなか斬新かつ可愛いらしい設定で、魔王のもふもふした姿を想像しながら拝読していると、かなり癒されました。 ジャンルがBLということで、ラブストーリーな訳で
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

何とも言えない気持ちになりました

「友達は選ぼう」という教訓めいた物語に読めなくもありませんが、当の加奈子さんが最後にあづささんとの決別する訳でもないので、やはりこの解釈は違うのでしょうか。 いろいろなことが滅茶苦茶になったところで、
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

序盤にもう少し工夫があると良かったと思います

アニメ化もされた「理系な人達が恋愛感情を証明する」作品と似たアプローチの作品だなとは思っていたのですが、舞台やキャラクター配置は違えど、最初の実験がいきなり商業作品と丸かぶりしてしまっていたので、ちょ
ネタバレあり

設定を工夫すると、もっと良くなると思います

ダンジョンを攻略して記憶を取り戻すという、一風変わった設定なので、そこに何らかの意図や仕掛けがあるのではと期待していたのですが、「失われた記憶が何故一昨日のものなのか」「何故主人公がダンジョンに来るこ
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

メリハリを付けることを意識されると、もっと良くなると思います

神隠しに遭った人があるべき時間と場所に戻るまでを描いた物語ということで、ファンタジー好きとしては興味深く拝読させて頂きました。 平井君が無事に帰れて良かったですが、全体的にキャラクターの感情があまり書
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

全体的に、少し勿体ない印象でした

聖夜さんは男の子だと思っていたので、実は女の子だとわかって少し混乱しました。 内容からして、特にミスリードが必要な物語とも思いませんでしたし、現状では彼女の個性を表現していると言うより、只の紛らわしい
ネタバレあり
1件1件
佳景(かけい)

なかなか斬新な設定だったと思います

SF作品において、「人間VSアンドロイド」はよく見掛けますが、「アンドロイドVS変異してしまったアンドロイド」というのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。 せっかく敵を倒して平和な時間を手に入れる
ネタバレあり
1件
佳景(かけい)

恋愛描写が丁寧で良かったです

スタンレイさんとノアさんが、それぞれお互いに惹かれていく様子が丁寧に書かれていて良かったです。 特にスタンレイさんパートは、その切なさに思わず泣いてしまいました。 単純に恋愛物として面白かったですが、
ネタバレあり
1件
佳景(かけい)

ラスト付近がハラハラしました

ひょんなことから犯罪者に目を付けられて、そちらの世界に足を踏み入れてしまったハルキさんが本格的な犯罪者になってしまうのか、最後に死んでしまうのではないかと、ハラハラしながら拝読させて頂きました。 一部
ネタバレあり
1件1件

タグの「笑い」の意味が理解できました

全くコメディらしいところがないままに物語が進んで行くので、「どうしてタグに『笑い』が入っているのだろう」と、不思議に思いながら拝読させて頂いていたのですが、最後のページで納得しました。 西洋医学の知識
ネタバレあり
1件

設定が好みでした

個人的に宝石が好きなので、人体に宝石が宿り、様々な力を使えるという設定がツボでした。 文章も読み易くて良かったです。 ただ、せっかく宝石に応じた能力が設定されているのに、バトルに活かされているとは言い
ネタバレあり
1件1件

藍ちゃんのキャラクターが良かったです

コミカルなストーリー展開で、楽しく読めました。 キャラクターの数が多めですが、それぞれきちんとキャラが立っていて、個人的に藍ちゃんが好きです。 恋する乙女なのに、媚びるようなところがありませんし、腕っ
ネタバレあり
1件1件

ほのぼのとした物語でした

一般文芸なのかと思って拝読し始めたら、むしろ児童文学の趣きでしたが、個人的にはどちらも好きなので全く問題ありませんでした。 手紙を届けてくれる不思議なポストが、子供達の人生を良い方へ向かわせてくれると
ネタバレあり
1件

勉強になりました

戦争のシーンから始まるのかと思いきや、学生時代のエピソードもいろいろと書かれていて、興味深く拝読させて頂きました。 戦争について語られてはいるものの、淡々とした語り口のおかげで、「死人が続出するあまり
ネタバレあり

ハッピーエンド、だと思いたいです

紹介サイトの職員さんは催眠術でお客さんに恋人ができたと錯覚させていると言っていましたが、弟さんはすぐに退会したと話していましたし、彼は自分の意志で奈々子さんを愛したと解釈しているのですが、確かな情報が
ネタバレあり
1件1件

ラストシーンの意味が気になります

ラストシーンの意味するところが、グッドエンディングなのか、バッドエンディングなのかわからず、二回拝読させて頂きましたが、やはり結論を出せませんでした。 お父さんが何をしたかったのかも今一つよくわからず
ネタバレあり

重くて難しいテーマが丁寧に書かれていて、良かったです

戦争の物語は映像で見ることが多く、小説で読んだのは多分初めてでしたが、死地に赴く若者達だけでなく、彼等を送り出す人々もとても辛かったのだということがしっかりと伝わってきました。 戦争というのは重くて難
ネタバレあり

全く予想外の結末でした

不思議な世界からみんなで脱出する物語かと思いながら読み進めていましたが、展開が二転三転し、全く予想外の結末でした。 ただ、ファンタジーなのかと思いきやSFっぽくロボットがいたりと、世界観がよくわかりま
ネタバレあり
2件

意外な真相で面白かったです

遅くなりましたが、受賞おめでとうございます。 いかにも日常の謎らしい、「本当に起こりそうだな」というリアリティーがありつつも、予想外の真相が用意されていて面白かったです。 キャラクターも個性的で良かっ

この作品は非公開になりました

ご家族とのやり取りが面白かったです

ご家族とのやり取りが微笑ましくて、面白かったです。 特にユキテキさんにお家に来て欲しいおじい様が可愛くて、印象に残りました。 どうかこれからもおじい様とご家族の皆様を、大事にして差し上げて下さい。
1件

オチが読めなくて楽しかったです

藤花ちゃんが死ぬ間際に聞いた名前のミスリードにまんまと引っ掛かり、「あの人、いずれ殺そうとする割には、藤花ちゃんへの好感度が妙に高いのはどうしてなんだろう」と不思議に思っていたら、予想外の事実が判明し
ネタバレあり
1件1件

読み応えがありました

しっかりとした世界観が構築されている上、魅力的なキャラクターも多く、読み応えがありました。 個人的には、イバンさんとセレイちゃんが特に好きです。 かなり長い物語ですが、最後まで書くべき物を見失わずに書
1件1件

笑えると言うより泣ける物語でした

私は多分マンザイで笑ったことがないというくらい笑いのツボが独特な人なので、マンザイシーンでなかなか笑えなかったのですが、一番好きなネタは「美咲ちゃんが頑張れのポーズをすると、ファイティングポーズになる
ネタバレあり
1件1件

青春物らしい爽やかさで良かったです

一度は壊れてしまったかに思えた友情が、決して壊れてはいなかったことに気付き、ちょっと荒んだ大人になっていた敦也君が人生に前向きになるという展開が爽やかで良かったです。 ただ、肝心の文化祭での演奏時に、
ネタバレあり

完結おめでとうございます!

連載お疲れ様でした。 主人公が人間ではなく猫族に転生するという、ちょっと変わった異世界転生物でしたが、マッサージとラストの結婚首輪以外にあまり猫っぽいところがなく、せっかくの猫族設定を活かし切れていな
ネタバレあり
1件1件

主人公が多くの物を失う物語でしたが、ラストには希望を感じました

現在起こっている殺人事件が、過去の天才ピアニスト失踪事件に関連しているらしいということで、どんな真相なのだろうとわくわくしながら読み進めさせて頂きました。 結果、まさかの事故死ということで、「それなら
ネタバレあり
1件1件

『バックミラー』の回が好きでした

一発芸ならぬ一発ネタといった感じのお話なので、本を読むのが苦手な方でも読み易いと思います。 個人的には『バックミラー』の回が、ちょっとひやっとして好きでした。 1ページごとに全く新しい物語になるので、
ネタバレあり
1件

愛の尊さ、美しさを感じられる、良い作品でした

厄介な呪いを宿した少年・ハル君と、ちょっとお転婆なお嬢様・ビアンカちゃんの恋物語です。 全く違う境遇で生きてきた二人が出会い、やがてお互い同士が大切な人になるも、二人には残酷な宿命が待ち受けていました
ネタバレあり
1件1件

この作品は非公開になりました

恋と愛の対比が良かったです

12年前と現在が交錯しながら物語が進むので、最初は奥さんとの思い出が書かれているのかと思ったのですが、途中で勘違いに気付きました。 叙述トリックにしては物語の中途半端なところで気付くようになっていると
ネタバレあり
1件
もっと見る