やどり

言葉が誰かの心に響くこと

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 読み終えた後、思わず嬉しさで笑みがもれてしまうようなあたたかい作品でした。2ページと短いお話の中に、何かのはじまりを感じさせる明るさがつ
1件

この作品は非公開になりました

やどり

想像できる余地を残した作品

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 読み終えた後、「僕」がどんな風に成長していったのか気になる、そんな作品でした。会話はなく、詩的な表現でうまく「君」と「僕」の関係が伝わっ
やどり

二人が出会えてよかった。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 「遊ぼうよ」。そんな一言からはじまるこのお話は、弱く脆い二人が、強くあろうとするあたたかいお話でした。一つ一つのエピソードが丁寧に描写さ
1件
やどり

ぬくもりが寂しさに変わっていく。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 リズムよく進む会話文が印象的でありながらも、読み終えた後は恋愛につきまとう孤独が心を離れなくなるような作品でした。「自分の肩を抱くと、そ
1件
やどり

光を纏う

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 最初に読み終えたとき、なんて幻想的な作品なのだろうと思いました。特に光や影の描写は、繊細でありながら鮮明に思い浮かべることができ、文章で

この作品は非公開になりました

やどり

面白い!

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 最初のページから面白く、どんどん惹きこまれました。どのエピソードも明るく描写されており、すごく読みやすかったです。次への予告があるところ
やどり

ここにある感情を、生きた証として。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 エッセイということで、あまり読んだことのないジャンルでしたが、等身大の思いがダイレクトに伝わってくる文章が印象的で、読みやすかったです。
2件
やどり

運命の前で、少年少女は何思う

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 戦争というつらい出来事の前で、必死に生きていく二人の姿はとても印象的でした。「月が雲に隠れた」といった、幻想的だけれど何かを暗喩している
1件
やどり

朝靄がかった青春の一ページ

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 爽やかな青春の一幕で始まるので、これからどうなるのかわくわくしながら読めました。段々明らかになっていく過去と今、二人ともお互いの事情を抱
1件
やどり

夜散歩は、明日も。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 不思議な関係性からはじまる物語は、丁寧な描写でその日常である夜散歩を綴っていきます。そして読み進めていく中で明かされていく真実と、主人公
1件
やどり

「夢」と「約束」

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 「夢」、というタイトルにあるとおり、まさに夢ではじまり、夢が織りなす物語だなぁと最後まで読んで思いました。最初は、ん? と思った文章も、
1件

この作品は非公開になりました

やどり

新しいエンターテイメント小説!

こんにちは。やどりといいます。「はたから見たらただの変態」を読ませていただきました。 会話だけ、というのがはたしてどんな印象で、感想をちゃんと書けるか心配でしたが、読んでみるとリズムが良く、すらすら
1件
やどり

心が、揺さぶられる。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 はじめのページから不穏な空気感が丁寧な描写によって伝わってきて、迫力のある作品だなと感じました。読み終えたとき、運命とはこんなにも人を苦
1件
やどり

不思議なあたたかさ

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 突然の失踪からはじまるこのお話は、どんな風に終わるのだろうと考えながら読み進めていきました。読み終えた後、不思議なあたたかさを残す作品だ
1件
やどり

不思議な魅力を持つ作品

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 大人がいない「夢の国」ネバーランド。どうして大人がいないのか、その謎が解き明かされていく描写はわかりやすく、丁寧で読みやすかったです。砂

この作品は非公開になりました

やどり

「強がり」

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 戻れない過去を想う主人公が紡ぐ言葉は、どこか寂しげで、もう何もできない無力さが伝わってくるようでした。それでもその寂しさを纏ったまま、変
1件
やどり

切望が、襲いかかる。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 絶望から始まる物語は、どんな終わりを迎えるのだろう。そう思いながら読み進めていきました。淡々と描かれていく主人公の様子は、読んでいてもそ
1件
やどり

表現の仕方が好きです。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 衝撃のスタートに、思わずページをめくる手を止めることができませんでした。そして一気に読み進め、最後にはどこかほっとしたような、それでいて
1件
やどり

心ときめくラストが印象的でした!

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 読みやすい文体で書かれており、すらすらと最後まで読むことができました。途中、どうなってしまうの!? とこちらもドキドキしながら読み進めて
1件
やどり

作品が持つ魅力が襲いかかってくるラスト

はじめまして。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 エブリスタで初めて読む長編でしたが、こんな素敵なお話に出会えて本当によかったと思います。起承転結がしっかりとしていて、非常に読みやすか
1件
やどり

きっと思い出す、あの人の姿を。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 最初の文章から、あ、きっとこれ私好きかも、と一瞬で思わされました。きっと主人公の初々しさがどんな風に変わっていくのかが気になったからだと
1件
やどり

楽しんで読ませていただきました。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 どれもこれも、笑えるエピソードもありながら、それは本気で怒っちゃうなと思うエピソードもあり、楽しんで読ませていただきました。それに、日常
1件
やどり

そう来たか!

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 読み始めてからすぐに、何か起きそうだぞ、と感じさせる図書委員長についての描写はすごいなと思いました。謎が持ちかけられ、それを解いていく主
やどり

爽やかなはじまり

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 すんなり物語に入れる、読みやすい文章が印象的でした。二人のやりとりも読んでいて楽しく、これからの二人の展開が気になります。また、いろんな
1件
やどり

誰かを受け入れることとあたたかさ

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 突然の別れからはじまり、どうしてなのだろうとどんどんページをめくっていきました。全体的に会話文で構成されており、とても読みやすかったです
1件
やどり

やっぱり、嫌いだ。

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 どうしてそんなにもクリスマスを嫌悪するのだろう、と最初に読んだときは疑問に思いました。会話文で本当に嫌っている感じが出ていて、そこがすご
1件
やどり

切り取られた「情報」

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 一ページ目から、これは普通の小説ではない、何かを伝えたい文章なのだなと感じられました。そしてどんどん読んでいくうちに、謎が解けていくのが
2件
やどり

主人公の気持ちが痛いほどに伝わってくる文章

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 主人公の独白ではじまり、主人公の気持ちが痛いほど感じられるような文章が印象的でした。そして段々と明かされていく真実に、きっと主人公がひた
1件
やどり

「本当」がにじみ出る

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 読み終えた後、思わずほっこりとさせられる、優しい作品でした。主人公の気持ちもダイレクトに伝わってくる丁寧な描写も素敵で、それだけに主人公
1件
やどり

思わず笑みがこぼれるようなラスト

こんにちは。やどりといいます。作品を最後まで読んだ感想です。 冒頭から、これはどんなお話なのだろうとわくわくしながら読めました。そして読み終わったとき、思わず笑みがこぼれるような、そんな作品でした。
1件
もっと見る