蜘蛛川あわさん、僕のイメージを遥かに超えるイラストをありがとうございます! 青空と笑顔。真っ白な賢者の書。 爽やかな雰囲気で、冒険に出発する主人公と一緒に僕も旅立ちたくなりました! この表紙を得

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

作品読ませていただきました。 「タイムカプセル」というキーワードは理解していたものの、「青春・友情」というジャンルを確認していなかったために、途中まで怖いのが来ると思い込んでました。失礼しました。

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

逆に、このイラストを見て超短編書くというイベントは?? すべてが同じ表紙!! だが、内容は違う!どうだろうか?
思ったより怖かった……! これならありったけお菓子あげちゃう。 「ちょ、ちょっと待ってて!今コンビニ行ってくるから!」
とても良い! 臨場感のあるセリフ運びと緊迫する状況が伝わってきて、怖さが増します。 非公開にしていたのもったいないお化け。
素晴らしい作品です。 無駄のない文章。最小限の登場人物。 切り取られたシーン。 読者の想像を掻き立てる独白。 すべてが私好みでした。 この設定でそのまま二時間ドラマに出来そうなストーリーでした。
作品読ませていただきました。 まず、作品世界(現実世界ですが)にスッと入り込める文章が秀逸。 そして主人公百瀬が自分の人生に絶望しきれていないところが感情移入出来ました。 『寺』という、一般の