NoName

既視感の正体

小3の頃に書いた作文と文章力がほぼ一緒。 拙いながらも頑張っていたあの頃を思い出して、懐かしい気持ちになりました。