橘詩桜

子供っぽさと大人っぽさの中和

主人公の幸太郎君は、達観していて大人びた雰囲気を醸し出しているんですが、完全に大人びてはないんです。『大人っぽい』だけで芯には年相応の子供らしさがあるんですね。 それが感情を揺るがす何かが起きた時に
ネタバレあり
1件
橘詩桜

「凄い」その一言です

何気ない日常とその崩壊。 心情や情景、文章の全てが巧みに描かれていて鳥肌が立ちました。読んだ直後は余韻で何も考えられなるほどでした。 今も「凄い…」「文章の全てが巧みだ…」そんな簡易的な言葉でしか今
ネタバレあり
1件