※このコメントはネタバレを含みます

とっても難しい作品。何度も何度も読み返し,何度も何度も想像し,その世界観が身体全体に染みわたったときに,その怖さから抜けられなくなっていることに初めて気が付く。 なぜ? なに? どうして? どうゆうこ

※このコメントはネタバレを含みます

切なさのなかに力強さを感じる、誰が誰のために、なにをどうしたいのか、なにを望み、なにを求めるのか、読み手によってまったく異なる解釈をさせる世界観。 闇夜に滲み出る欲望と願望、そしてその感情を闇に隠して
言葉の選択、言葉の間、流れるようで滞る文字、一つひとつに狂気を感じ、一つひとつにもの悲しさを感じます。 1度読んで咀嚼して、2度読んで間を詰めて、3度読んでその世界観に引き込まれ、読めば読むほど登場す

※このコメントはネタバレを含みます

なんだろう…どの話を読んでも、意味不明だが、必死に解読しようとする自分がいる。 外国人が自動翻訳機に投げ込んだ文章を羅列しているのか、なんらかの規則があるのか、どの話も同じ単語の繰り返し。 なんら