このページのリンクアドレス

エブリスタ
アヤカシユウギ

小説 歴史・時代

キサツラ

アヤカシユウギ

七以

ある僧の姿をした青年は、手には錫杖を持ち、腰には刀を挿していた…。

完結

386ページ

更新:2010/01/31

説明

いつかも分からぬ戦国乱世

咲いて散っての人の生
人々の咲き様、駆け様、闘り様、そして生き様をここで刮目せし。

内一、名も無き僧は、今ここにいる。
何故、今、自分がここにいるかも分からずに…。

『羅』を名に刻まれた四振りの妖刀の生い立ち、
『同族殺し』となった男の訳、

全ての始まりはここから…。



『キサツラ』との繋がりを探してみて下さい


連載期間2007/09開始
   ~2008/10終了

前作"キサツラ"[リンク]
次作"ヤシグレキ"[リンク]

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

七以さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント