このページのリンクアドレス

エブリスタ
老婆になったママ

小説 ノンフィクション

老婆になったママ

だいだい

私を産んでくれた母親は50代半ばにして、もはや老婆のようになってしまった。

完結

7ページ

更新:2013/11/01

説明

小学5年生の時、妹は幼稚園にも行っていない年だった。
母親はママと呼ぶのに相応しい、洋風な綺麗な母親だった。
私が32にもなって、母親をママと呼ぶには、義理の母親をお母さんと呼ぶことに対する唯一の特別な事であり、二人を分けて考える唯一の反発でしかない。

ママが50代半ばにして、老婆のようになってしまうのは、誰も予想できなかった事。

いつから衰弱し、いつから壊れていったんだろう…
幸せな時間を少しでもあの人に…

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

だいだいさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません