このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

小風景の画家

小説 歴史・時代

ヨーロッパ歴史物

小風景の画家

吾妻栄子

少年ブリューゲルと無名の人々

休載中

34ページ

更新:2016/01/22

説明

十六世紀のアントウェルペン。

貧しい絵描きの父を亡くした少女マリア。

葬儀の日に出会った少年ペーテルに心を揺さぶられ、画家になる希望を強めていく。

しかし、家族のために犠牲を強いられてきた姉のマルタは、そんな二人の関係を許さなかった。

「イカロスの墜落のある風景」や「農民の婚礼」、「子供の遊び」など寓話的な画風で知られる巨匠画家ペーテル・ブリューゲルにヒントを得た作品です。

ちなみに、彼と同時代に対照的な作風で活躍した「小風景の画家」の正体は、今も謎に包まれているそうです。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

吾妻栄子さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント