このページのリンクアドレス

エブリスタ
絹子川奇譚

小説 ホラー・オカルト

絹子川奇譚

葛来 奈都

(1)

柄沢瞑、退魔師系高校生。 ※「花屋の倅と寺息子」スピンオフ

連載中

317ページ

更新:2017/09/17

コメント: スピンオフ作品「花屋の倅と寺息子」3巻、8月10日発売予定。休載ありがとうございました。

説明

※風邪から復活。すいませんでした。

※完全新作[リンク]
→SKYHIGH文庫1周年記念企画。
リレー形式でやってます。全作家の作品をどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ1】
SKYHIGH文庫について[リンク]
→兄:柄沢悟が主人公「花屋の倅と寺息子」が9月9日発売。
公式Twitter(@SKYHIGH_BUNKO)でも情報が公開されます。
→8月10日、まさかまさかの3巻発売です。
どうもありがとうございました。

*出版作業の追い上げのため、休載させていただきます。
頑張ってきますので、よろしくお願い致します。
→頑張りました。お休みいただきどうもありがとうございました。

【お知らせ2】
鳴海藤也様に瞑、燿、流花を描いていただきました。[リンク]
素敵な絵をありがとうございました。


【奇譚】
珍しい伝承。不思議な話。


2年前。
この絹子川(きぬこかわ)市で連日、女性が襲われるという事件が続いていた。
そしてその犯人はついに1人の女性の命を奪う。
犯人は未だに逃走中。
これをマスコミは"絹子川市連続殺傷事件"と呼んだ。

そんな絹子川市に高校生の柄沢瞑(からさわ めい)は家族と共に引っ越してきた。
そこで瞑は転校先の木綿陸(ゆうがおか)高校で藤崎流花(ふじさき りゅか)と千倉燿(ちくら よう)という生徒と出会う。
だが、ある事がきっかけで瞑はこの2人に自分の体質がばれてしまう。
その体質というのはーー霊が視える。

きっかけは、"絹子川市連続殺傷事件"
この日を境に、彼等は奇怪な事件に巻き込まれていく。
【第一部 概要】

高校生の時に書いた作品をリメイク。
※シーン追加あります。(主に矛盾点の変更)

変更点の解説はこちら[リンク]

2015.11.23~


* * *

スピンオフ:兄 柄沢悟の"日常"[リンク]

キャラ設定、裏話、他[リンク]

「果たして旅人は、滅びの街を救えるか」(ライトノベル)[リンク]

「転校生は、死んだはずの級友だった」(恋愛・その他)[リンク]

ちょっと不思議な駅の話(短編)[リンク][リンク][リンク]←最新作

エッセイ、始めました。[リンク]

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

葛来 奈都さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません