このページのリンクアドレス

エブリスタ
とあるクラスの学級日誌(A Class Journal)

小説 青春・友情

とあるクラスの学級日誌(A Class Journal)

けい

(1)

エブリスタ学園・エブリスタ組、学級の記録。

連載中

16ページ

更新:2016/07/03

説明

エブリスタ学園・エブリスタ組
担任: エブリス太先生
学級目標: Everyone is the star!

生徒名簿:

・ 坂永理穂子さん [リンク]
・ カイくん
(limeさん [リンク] 「妖狐な日々」 [リンク] の狐少年)
・ 涼さん
(ぽぽあっとさん [リンク] コンビニ物語シリーズ、「コンビニ物語~カウントダウンシガレット~」[リンク]、「コンビニ物語~サムバディヘルプ!~」[リンク])
・ 蒼井誠人くん 
(澤田マキさん [リンク]「そこの三年!~純情トライアングル~」[リンク])
・ エブリスたん☆ [リンク]
(「☆エブリスたん再登場☆」[リンク]「エブリスタ学園☆ゆるキャラ部」[リンク])
・ 西園寺正人くん 
(長谷川渉さん [リンク]「いっそ、まかり通らん!」[リンク] 眼鏡童貞)
・ (日直さん、日誌のご記入ありがとうございます! 次の日直さんはどんな方かな^^)



日直さん大募集!^^

日直として学級日誌を書いてくださいませんか?

― 日直(お名前:ご本人様でもキャラ様でも!)
― 学習したこと
― 今日の出来事 
― その他(連絡事項・今日の反省(?)等々)

青春の想いのたけを、コメント欄、レビュー欄にてお知らせください。

ほぼそのままで本編日誌に加えさせていただきます。

イラスト参加も大歓迎! 日誌に落書き、いえ、驚きのアートを。

本編にて先生からのお返事を添えさせていただきます^^

どうぞよろしくお願い致します。

Everyone is the star!

日誌係 m(__)m

(PS: 太先生のイラストも募集して良いかな……?)

この作品のタグ

作品レビュー

長谷川 渉
長谷川 渉さん
【作品】とあるクラスの学級日誌(A Class Journal)についてのレビュー

妄想レビュー第5弾だよ~~!!


 タイトルは

【 とあるクラスの学級日誌(A Class Journal) 】

この作品は
複数の作家による学園ミステリーだったよ!!!


担任のエブリス太先生が失踪したのは学園祭の3日前。


同じクラスにいる生徒達はそれぞれの視点から
先生が失踪した原因と、先生を浚った犯人を突き止め始める……!!


日誌形式で書かれる斬新なタッチで読者を飽きさせない。


【 けい先生の新感覚ミステリーが読めるのは、エブリスタだけ! 】


そんなどこかで見たようなフレーズで、ぐいぐい物語に引き込まれるよ!


最初はどの子も先生が突然いなくなったことに
戸惑いを隠せない……。

だけど、
日誌を書いている生徒の中に重要な手がかりを見つけたことを
告白した生徒が現れた……!?



学級目標の『Everyone is the star!』



この言葉が暗号だったなんて!!!



そして、文化祭当日に現れた眼鏡をかけた小学生。



彼の登場で物語は急展開!!!
その正体は、悪の組織によって体を子どもに変えられた



エブリス太先生だった!!!



(あのサックスフォンのメインテーマがここで流れること)



たった一つの真実見抜く!見た目は子供、頭脳は大人!



その名は、名探偵ジュナン!



出先で次々と人が死ぬ!!!

俺の番になると突然レジ休止!!!

買おうとしたコロッケが目の前で売り切れる!!!

飲んだ麦茶が残った麺つゆ!!!

下駄の鼻緒が切れる!!!

目の前を黒猫が通る!!!

悪の組織と20年戦ってるけどまだ終わらない!!!


次々と起こる事件や難問がジュナンの推理で解決される!!

複数の作家の持ち回りでここまで話が膨らむとは!!!



只今絶賛連載中!!! 次のライターは君だ!!!


君もジュナンとトゥギャザーしようぜっ!!!!(ルージャンプ)



ここまで書いたレビューは

表紙とキャプションだけを見て本文は一行も読んでないよ☆

【 本文と絶対違うだろ! 】

って、思う人は作品を最後まで全部読んでね☆☆☆

万が一、レビューにネタばらしがあったら超ごめんね!☆>д<☆
ワザとじゃないから許して☆☆

じゃあ、まったね~☆☆~☆☆☆


エブリーー☆☆ー☆ースターー☆ーー☆☆☆ーー☆☆

もっと見る

2016/07/02 16:18
コメント(2)

けいさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント