このページのリンクアドレス

エブリスタ
バスガール

小説 恋愛 純愛

バスガール

yuki

(6)

バスガイドとドライバーの恋 独裁政権VSスナイパー

連載中

282ページ

更新:2017/09/23

コメント:一之背もたれ10分1000円

説明

私がバスガイドになったのは、ただ単に高校に来てた求人からの就職で、家を出たかったから。寮があるなら何でもよかった。小さい頃から憧れてたとか夢のある話じゃない。
そんな甘っちょろい考えで飛び込んでしまったのは、女の世界の縦社会と言うホラー。
期末試験や受験の比じゃない勉強量。
シーズン中の精気の削り方。
進路間違ったって思った。

ここは七色バス←なないろ
県内では大きな企業。「あ、七色バスなの?よかったね」って、就職が決まった時には近所の人に言われるような会社。それはいいの。嬉しいの。安定してるの。
九州中国四国山陰
実在の場所と架空の場所が入り交ざってますのでご了承を<(_ _)>




この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント