このページのリンクアドレス

エブリスタ
水澄み鳥渡る

小説 BL

水澄み鳥渡る

菊野 琴子

由緒ある男子校で起きた自殺未遂事件。その遺書に埋め込まれた執拗な想いの先には…

完結

22ページ

更新:2017/09/10

コメント:軍の高官のような尊大さを備えた天願と、性質は違えど人々の崇拝を集めてしまう村上。散る火花の名を知るのは―――?

説明

 全国に名高い、由緒ある男子校。その中で起きた、一人の生徒の自殺未遂事件。
 現場に残されていた遺書、そこへ巧みに埋め込まれた、「ある特定の生徒」への怨恨。

 その、「ある特定の生徒」が、天願だった。

 自殺を図った生徒は、誰もが納得する不幸な生い立ちと、誰もが納得する生来の弱さを兼ね備えていた。

 そして天願は、誰もが納得する恵まれた資質と、誰もが納得する生来の強さを兼ね備えていた。


 世間がその事件をどう見るかは明らかで……

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

菊野 琴子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません