このページのリンクアドレス

エブリスタ
遥かなる砲声Ⅱ No1 Cpt M・Wittmann

小説 歴史・時代

遥かなる砲声Ⅱ No1 Cpt M・Wittmann

立ち読み屋

L SS AH 突撃砲大隊 第3中隊 M・Wittman〈1941~1943〉の実録

完結

222ページ

更新:2010/01/27

説明

遥かなる砲声シリーズ第Ⅱ作目

【Michael Wittmann〈ミハイル・ヴィットマン)】




     ★1941年6月22日★

独ソ戦開始、捜索大隊 第3突撃砲中隊の車長として出撃する



     ★1941年7月12日★

功2級鉄十字勲章を授与



     ★1942年6月4日★

マックス・ベンシェの推薦で、バート・テルツのSS士官学校へ入校



     ★1942年10月★

重戦車大隊に入隊。北フランスのプルルメールで最初の訓練に参加。



     ★1942年11月26日★

バーダーボルンの戦車訓練場で戦闘訓練を受ける。



     ★1942年12月12日★

SS少尉に任官する。







・・・・・★1943年★

再びロストフを目指して進撃するミヘル達、LAH‐D  そして第3次ハリコフ攻防戦へ…




《《本編はここ迄です‥ 第2部へ…》》

      【週刊立読み屋・ツネキチ】

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

立ち読み屋さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません