このページのリンクアドレス

エブリスタ
PRAYⅢ―それは天駆ける太陽のごとく

小説 ファンタジー

『PRAY』シリーズ

PRAYⅢ―それは天駆ける太陽のごとく

江口志穂

(1)

人知れず、孤独な愛と信念を貫く男の物語。

完結

848ページ

更新:2016/08/20

説明

人には誰しも、前世があります。けれども、その前世について、覚えている人は誰もいません。何故なら、生まれ変わる前に、神様によって、生前の記憶を消されてしまうからです。


それが世界の、常識でした。


けれどもその常識が、通用しない青年がいました。彼が人一倍破天荒なのは、もしかしたらそのせいかもしれません。


陽気な笑顔の裏で、人知れず戦い続けた彼の真実を、ここに。




話の途中から読むのが不安な方は、こちらに読み方指南なるものを用意してみましたので、参考程度にどうぞ!
[リンク]


2009年5月11日~18日 試験公開
2009年6月17日 本公開
2011年5月14日 完結




『PRAY』シリーズ第一部・三作目

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

江口志穂さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません