このページのリンクアドレス

エブリスタ
インシデント

小説 ミステリー・推理

-WRATH-

インシデント

干潟京弥

東大卒のキャリア・真山は研修として日本最後の切札と言われた探偵会に配属されたが…

完結

294ページ

更新:2013/01/02

説明

警察官を目指す真山純平は大卒後、研修として「日本最後の切札」とまで言われた探偵会に配属された。

そして数々の難事件に巻き込まれてゆく……。

※ この作品は読み物として楽しめる作品を目指しており作者は「囚われない推理小説」を目指してます。それを承知した上で読んで頂けたら幸いです。


本作は作者の「WRATH-復讐鬼事件-」の続編になります。

ですが当作品、「WRATH -復讐鬼事件-」のどちらから読んでいただいても大丈夫な内容を書くつもりです。

ただ先に「WRATH-復讐鬼事件-」を読んでいただくとより楽しんでいただけると思います。

なおテレビドラマ「ケイゾク」の影響を受けています。

※ 各EPISODEあらすじ
【EPISODE Ⅰ】
真山が探偵会に来て初めての事件。それはバーで発生した殺人事件だった。

【EPISODE Ⅱ】
ある日、探偵会に持ち込まれた依頼。それは生者を地獄へ引きずり込むという絵画の調査だった。

【EPISODE Ⅲ】
殺害した遺体の傍にトランプのカードを置いていく連続殺人犯ジョーカー。事件解決に向けて筑波と真山が走る。

【EPISODE Ⅳ】~
Secret for here.

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

干潟京弥さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント