このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

君の孤独と僕の幸福

小説 恋愛 その他

君の孤独と僕の幸福

*透子*

「俺は、寂しくない....」そう言って、君は泣いた。※BLです。

休載中

33ページ

更新:2011/02/09

説明


俺はいらない。

父さんと母さんがそう言ったんだ。

だから、俺はいらない。

だから....俺が必要だなんて、言わないで....


BLです
多少裏も入れる予定です
なので、嫌い、知らない、苦手な方はご遠慮ください

作者が未熟な為、日本語がおかしかったり、誤字脱字があるかもしれません
もし、見つけたら優しく教えてください
ちょこちょこ修正も入れていきます
すみません

この小説を読んでくれた方、栞をはさんでくれた方、ありがとうございます!!!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

*透子*さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません