このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕の上に降る涙

小説 ファンタジー

僕の上に降る涙

僕の上に降る涙

あ~る

ギルド最強の存在『風帝』。彼は仮面ですべてを覆い隠していた。

完結

1028ページ

更新:2013/10/10

説明

人々は知らなかった。

世界を守護する最も強大な力が、底知れぬ闇から生まれたことを。

その力を駆る者が、悪魔であることを。

そして、その悪魔は同時に天使であることを。




ギルド、帝、学園、使い魔、魔武器、etc……

モバでよくある定番設定をちょっくら拝借しまして、あ~る風に仕立ててみました。

ありがちなようで、他とはちょっと違う……そう、目指すは定番街道の脇道。

テーマは恋です(苦笑)



※表紙イラストは『torico.S』様[リンク]
挿絵は『樹土 風』様に描いて頂きました。

挿絵掲載頁:
P.23、80、133、214、263、285

※完読者向けの内緒話[リンク]はじめました。

※現在校正作業中です。
その都度更新にあがってしまい、御迷惑をおかけいたします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

あ~るさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません