このページのリンクアドレス

エブリスタ
嘘

小説 歴史・時代

emi

(1)

百回目の嘘をついた日、私は神に捨てられ、鬼に拾われた。

完結

198ページ

更新:2012/02/16

説明

 

嘘に依存してしまった女。

嘘を嫌いながら、嘘をつく。


そして百回目の嘘をついた日、

神に捨てられ、鬼に拾われた。


………………………………
新撰組の舞台をお借りしていますが、時は進みません。







糞真面目な小説だと思ったそこの君っ!ふっ、騙されたな☆キラッ

この作品のタグ

作品レビュー

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません