このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

虹の向こうへ

小説 ファンタジー

虹の向こうへ

花音

あの出会いは、きっと運命だったのだと思う

休載中

7ページ

更新:2010/12/01

説明

竜を連れた青年は語った。
「僕達は<楽園>を目指してるんだ」

村を失った少女は答えた。
「私もその場所に行ってみたいわ」
 
 
各地に伝わる竜の伝説
それは夢物語ではなかった

竜という存在
竜を守護する人々
力に固執する者達

そして
再果てにあるという<楽園>


「全ての答えは、この旅の先にきっと在る」

やがて抱く想いは思慕か憧れか、或いは恋か
旅の中で、少女は娘へと成長していく――
 
 
様々な心が交錯する、歴史ハイファンタジー

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

花音さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません