このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

三家老(織田家三國志天才に歯向かった漢)

小説 歴史・時代

三家老(織田家三國志天才に歯向かった漢)

オーディン→

織田信長の死後。織田家を滅ぼさんと遺児信雄を狙う秀吉。三人の家老が、立ち向かう。

休載中

97ページ

更新:2012/12/27

説明

この物語は歴史の中に埋もれた魂の戦いの記録である。


超天才と言われた秀吉に織田家存亡を賭け絶対不利な挑戦をした3人の家老。


信長の孫の後見人と言う立場を使い織田家を我が物にした羽柴秀吉。彼にとって目の上のたんこぶは信長の2男信雄の存在だった。


信雄を排除し織田家完全支配を狙う秀吉


しかし、そこに立ちはだかったのは、信雄の家老の一人津川義冬、義冬は山崎の戦いの勝利で得意満面な秀吉に冷や水をかける策を仕掛けてくる。


この時から秀吉の軍師黒田官兵衛?E津川義冬の知謀戦の火蓋が切って落とされる。


そして家康は…・

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

オーディン→さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント