このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

これは滑稽なお伽噺

小説 歴史・時代

これは滑稽なお伽噺

綾白

6/8のニュースにて、一周年記念人気投票開催中!詳しくは概要のリンクから

休載中

437ページ

更新:2011/09/12

説明

いろは詩。解説は此方→[リンク]
------------------------ーー----
H23.03.11.(Fri) 14:46

被災された方々に心からのお見舞い申し上げます。

これ以上、なにも起こらないようにと。
ひとりでも多く、助かりますようにと。
みなさまに、希望の光がいち早く射しますようにと。

そしてこの先、みなさまに幸せが訪れますように、と。


口下手で無力で非力ながらここに祈る、
------------------------ーー----
出会いの時も別れの時も、降り積もるは赤い雪。


時は文久三年、幕末。
新選組が活躍した時代に、後悔と贖罪を胸にした少女は駆け抜ける。

己の存在理由を探して。
------------------------ーー----
-ちゅーい!-
・短編と本編の二段構成です。本編はP234から。
・短編はギャグ中心、本編はシリアス中心です。
・なるべく史実には沿うつもりです。
・物語の随所にオリキャラが登場します。
・誤字脱字多し!随時修正中…
------------------------ーー----
~参考~
・Wikipedia
・一個人

H22.5.30くらい執筆開始
--ーー--------------------------

それでもよろしかったらごゆっくりどうぞ!

.

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

綾白さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません